東京都府中市 京王線府中駅前【顎関節症に詳しい医院】

10:00~18:30(土曜17:30まで)
日曜・木曜・祝祭日 休診

ご予約
ご相談
042-352-1551

じっくりと事を進め、
急がず、確実に。

ニュース

顎関節症に詳しい歯科医院

このサイトでは、顎関節症、噛み合わせなどの問題について、当院の考えや取り組みを紹介しています。

このホームページは、事、咬合(噛み合わせ)という世界を、とことん掘り下げて紹介していこうという、そんなエネルギーで、書いております。

別に、全ての項目を読まれる必要は無いかと思います。
知りたい、あるいは、面白そうじゃない、そんな興味をもたれた方には、頑張って、是非読破されてください。

どの章も、一話完結になるよう、工夫しております。

ですので、決して、全部読まれようとはされないでください。
それよりかは、ご自身が、興味あるいは、必要性を感じられた部分を読んでいただければ、良いと思うのです。
そして、知りたい分野だけ、読まれて欲しいと思うのです。

また、私自身、成長するホームページでありたいと思う想いがありますので、定期的にをしている側面もあります。

そして、書いている私自身が、ある種楽しんでいる側面すらあります。
そう簡単には読破されるものかと…だから、決して、全部を読まれる必要性は感じておりません。

楽しみたい方がいれば、是非読破されてください。

特集

新シリーズ

『歯科と医科の盲点』
最終更新 2018.04.13
私自身、長年結果論ですが咬合と全身の関わり合いを研究する(ような)状況に陥ってしまいました。いえ、正確に言うと必要に迫られました。

このシリーズを読む

  • NEW

    最終更新 2014/12/03
    心身医学を介しての葛藤(その1)

    タイトルだけを見るとずいぶん、ご大層なロゴにしてみたと思ってしまいますが、ここでは、こんな現象について考えてみたく思います。

    *体のお辛い方は、飛ばされる方が良いかもしれません。あるいは、仲の良い方に要点だけを教えていただけると素敵かもしれません。ご無理をされないでください。

    私どもを訪ねてくる患者が置いて行った言葉であれ、モニター上で、置いて行かれた言葉であれ、こんな言葉をこの疾患をお持ちの方は残すような気がします。今回、疾患名を具体的には書きませんが、とりあえず言葉ということで、ご了解いただければと思うのです。今回は心身医学という見地で、まずは取りまとめてみたく思います。
    感染症治療、補綴治療を中心の患者層をお持ちのクリニックでは、たまに聞く声かもしれません。だから、そんな患者層のクリニックでは、この相談をする事は時に、患者であるあなたには苦しい選択かもしれません。
    顎関節症咬合という世界を垣間見る事が多いクリニックでは、逆にこの世界の声を聞く頻度は多いのかもしれません。患者であるあなたにも、相談ごとは逆に敷居が低いものになるかもしれません。

    ですが、相談した際の答えが満足する結果になるかは別かもしれません。
    ですが、治療を受けた答えが満足する結果として身体に反映するかは別かもしれません。

    その理由は、単純かもしれません。
    いえ、その理由は、複雑かもしれません。

    まるで、どこかのお芝居の台詞のようですが、私は、そのように思うのです。

    暫く!

    お話を進めるうえで、いくつもいくつもの前提をご理解していただく必要があります。だから、結論は、まだかと、せかさないで欲しいのです。
    だって、心身医学面の問題に関して咬合治療における認識は、こんな感じですよ。

    咬合の分からない歯科医が、咬合の大切さが分からないから、そこで派生する心の問題などわかる訳がないのだ。

    言い方を変えれば、咬合の分かる歯科医が咬合治療を行えば、心の問題は解決するという言い方になるのでしょう。

    しかし、その反論も、同時に出てきます。
    咬合派とは議論が成立しない。咬合で心の問題が解決するなら、咬合に問題がある人間は、皆、心の問題にぶち当たらなければならない。そもそも、咬合で、問題が解決するとは思われない。

    とまあ、こんな感じです。
    さて、こうなると、当事者になってしまった患者は大変です。もし、その彼が、いえ、彼女が、あるいは、お父さんが、お母さんがそれを言い始めたら、黒い文字の先生と出会えば、咬合のお話になり、赤い字の先生に出会えば、咬合ではないと言う事になってしまいます。

    暫く!

    これでは、何か解決があるのだろうかと、この二つの言葉を見るにつけ、考えてしまうのです。

    どの先生の治療を受けようと考える前に、この黒か赤かで、答えが違うとすれば、とても大変な事になる気がします。

    さて、どう考えましょうか?

    芝居で、これを、客席で見ている場合、この運命の分岐と答えのまるっきり違う現象は滑稽で、笑えることでしょう。とこが、舞台にいる当事者は、最高にパニックになってしまいます。

    さて、どのように考えていきましょうか?

    暫く!
    勢いよく進みたかったのですが、難しそうです。次の章に行きたく思います。

    前のページへ 次のページへ

    カテゴリ
    当院の読み物

    MORE

  • NEW

    最終更新 2014/12/03
    心身医学を介しての葛藤(その17) ~葛藤2

    歯科医師法よりも、医師法よりも、薬事法より貴い健保法の信奉者が、導いた意味は、混合診療禁止という政策が安全性の担保につながり、医療の質が確保されるという効果になります。

    歯科の再診料は、400円です。
    ここに、滅菌代が含まれております。多分ね。
    例えば、当院を例にあげます。
    洗浄、アルカリイオン水にて超音波洗浄、水洗、滅菌パックに包装、オートクレーブ滅菌
    ガス滅菌を行う流れもあります。
    グルタラール溶液(肝炎等対策)から始める流れもあります。
    消毒法も入れると、もう一工夫していますが、ま、こんな感じ…
    ま、患者であるあなたはどちらでもいいと思いますが…
    ところで、この作業で行う材料費って御幾らになるかご存知ですか?
    10円?だと嬉しいですね。100円?これでも、笑いましょう。お仕事をされている方ならば想像つくと思いますが、原価に対してどれくらいの利益が乗るべきかなんていう事を…
    200円~300円強。利益は100円弱、ま、100円確実に切るのですがね。ただし、一切のエラーが生じないという事です。落として再度滅菌の場合、赤字ですよ。
    私らスタッフ含め、4,5人の糧ダス。
    ね、すると、15分で一人見るという前提のシステムだという決めつけは、決して間違った考え方ではないでしょ?大量削りにこそ、黒字化の秘密があり。小さな利益も、短時間に集めれば大きな利益になります。小学生の算数レベルです。高学年扱いをされているようです。ありがとうございます。
    こんな調理法では、高い飯屋はありえまへンナ。

    そうか、日本の安全は昔はタダだったから、我々にも安全の確保はただでヤレ!

    国語力の弱い僕は、理解しようと努めて以上の事ぐらいしか想像がつきませんでした。理屈を導かれた信奉者の前提は、公僕の地位ゆずったる。で、お前の金で食わしてや。税金も払ってチョウよ。一応、建前上は、公僕の顔をしとくわ。ヨロシクナ!ホナ、さいなら。
    こう考えると、良く理解が出来ます。コンプライアンス順守と言う置き土産をされた同胞は、遠慮しますという意味だったのですね。国語は、ほんま難しいですわ。

    ところで、歯科において、それほど危険ではないという前提で自費治療を受けられる方もいるというお話でしたね。

    この方々は、僕はこんな感じなのかなって思います。

    1. 保険の建前を知ってしまった。(信奉者さん、残念ね)
    2. 先生を絶対的に信頼して、迷う必要がない(信奉者サン、関与しないで)
    3. 保険にその病名が無くて、自費治療を選択するしかない(信奉者サン、嘘ついたね、それとも気がつかないふり?を頑張るかな)

     腕一本と言う自費の先生は、単純です。尊敬します、といった意味がここにあります。
    患者の絶対的信頼を得ている先生だと思うのです。
    その先生は、自信の得意、専門分野において、他の追随を許さない極みまで来ているから、結果、当たり前のように患者が来ると思うのです。
    何もしなくとも、当たり前のようにセカンドオピニオン依頼も来ると思いませんか?

    コンプライアンスとか、理屈をこねている先生は、逆に自信がない裏返しになりません?まめに相談コーナーに顔を出すのは、実は、そこまで極めていない成長途中の可能性か、勧誘、誘導の為の努力と見なす事は出来ませんか?
    まめに医療の良心として顔を出すのならば、最後までいい人でいて欲しく思います。ところで、いい人に、果たして、ブラックジャックになるだけの力があるのでしょうかね?そこが、ソフィーの選択ではないのですが、私の謎です。昭和までの価値観と、今は変わっているのでしょうか?難しいです。
    そして、そんな目で、セカンドオピニオン外来と、強く打ち出すHPを見ると考えてしまうのです。でも、本当に、私も分からないのですよ。なんで、急に増えた?それだけです。とろい感覚なのでしょうね…

    ただ、なんで、こうもおかしい事だらけかと考え続け、何度考え直してもこんな所にしか結論が行かなかったというお話でしかないです。

    分かりません。

    ゆとり教育は、緩み教育、たるみ教育と言われても、それでも間違っていないと言い切る作られた側の方もいます。国際的に学力の水準が落ちてもそれでも正しいと続けるべきだと張り切る作られた側の方もいます。

    この現実に対しては、何が問題だったと反省されたコメントを今の所知りません。そして、普通、資本主義社会、民主主義社会では、誤りを犯した人間は退場を求められます。あるいは、ペナルティーがある気がするのですが、平和の意味も変わったものです。

    それを象徴と見て良いのか、どうか分かりませんが、理想と現実という言葉、理念と現実のすり合わせ、チェック、修正という行為を何時から、疎かにする風潮に変わったのかしら?そんなことまで、この頃考えるようになっております。

    勘違いの方は退場なり、どうしてもというなら、窓際という踊り場に置かれる事も、時に社会愛になる気もするのですが、難しいのですかね?

    前のページへ 次のページへ

    カテゴリ
    当院の読み物

    MORE

  • NEW

    最終更新 2014/12/03
    保険治療の限界を、患者も知るべきではないか

    とはいえ、保険は・・・(なんだろう? その6)

    昔、少し思った事を整理してみます。
    僕が最初に感じたことは、保険と、自費の治療内容の、どうしても破られない壁がある。

    でも、この壁が、例えば、白黒にこだわる限りは、答えは、形の差と言える事となります。形が、非常に明確で、物の精度で、保険と、自費が存在するという、言い方で、全ては、単純化できるように思いました。

    でも、実際は、どうなのだろうか、そんな事を、考えました。

    本質論は、治療契約と、治療同盟という、信頼関係の構築と、金銭支払いの関係性に、まずは、保険と、自費という治療形態の違いが、有るのかなって、僕は考えるようになりました。

    このスタート地点の差が、まずは、保険治療自費治療という世界には、あるものだと考えるようになりました。

    次に、また、悩み始めました。

    来院する患者は、保険、自費というスタイルは、物の、質にあるのだと、考える方がいます。

    これは、もしかしたら、患者が持つ当たり前の世界感なのかなって、自然と受け入れている僕がいました。

    そこで、保険という制度のシステムを、今一度考えてみる事にした僕がいました。

    半世紀前に生まれた技術評価を、現在も行っている。
    新しく生まれた技術は、基本的に医療行為には認めつつも、医業行為としては、保険制度にはほぼ100パーセント、反映を認めない。

    医療費削減という方向に国が向かうと、見方を変えれば、次々と解釈的規制を、(ま、俗にいう、本音と建前の世界でしょうか)かけ直す。

    この構図は、保険請求を受け付けないという形で、後々、返ってくるわけです。

    保険治療の限界を、患者も知るべきではないかと、考える僕がいました。

    その限界は、技術的側面の限界かもしれません。

    でも一番は、新しい病名は認められても、既に、保険行政の規制では、その病名を、保険請求には出来ない所があるせいかもしれないという、事を知ってもらいたく、表現した僕もいました。

    それで、思わず提案をしてみたこともあります。

    如何に歯を長持ちさせるか、そこにこだわる事が、実は、もしかしたら、口腔にとっては、非常に良いのかもしれない、そんな事を、書いてもみました。

     あなたのニーズに合う先生がいた場合、どこがそんなニーズに答えられたのか、整理されて、誰かに、何かのきっかけで話す機会があれば、話して欲しいと、ラブソングを語った僕もいました。

    多分、今ほど情報が、盛んでない時代であれば、こんな言葉は、きっと、次につながる、何かを提供してくれるのかなって思ったのです。

    でも、また悩むのです。

    そもそも15分を基本として、同時に3人から4人見ることが前提のシステムに、今度は、しっかりと見る事を、要求する政策は、何かが違うのではないかと、また、新たな違和感が生じてくるわけです。
    (これは、治療内容の話ではありません)

    そうすると、考えれば、考えるほど、この国の歯科医療は、いったいどこを向こうとしているのだろうと、この国でライセンスを取った者としては、悩むわけです。

    この答えが出るまでは、保険も一応はこだわろうと、考える事としたのです。

    前のページへ 次のページへ

    カテゴリ
    当院の読み物

    MORE

  • NEW

    最終更新 2014/12/03
    病態の把握について -その4-

    前回、如何に地図が大事か、使い方で面白くなるか、すなわち、その地図を組み合わせていくことで、何かが見えると話しをしました。では、実際のところ、関連図と言っておりますが、それを、行う為に、我々は、何を考えていかないと行けないか、そして、そこにどう取り組むべきかを、考えていきたいと考えます。
    その前に、何を準備すべきなのかを、考えたいと思います。
    一つ、患者が来院したときの、流れを整理していきましょう。

    さて、その際、大事なことは、主訴を明確にしていく作業が必要になってきます。
    つまり、患者が訴える事を、我々は整理して、聞きだす作業が必要になってくるかと思います。

    この方法に、私たちは、色々な問診表、質問表を、持って患者と接するようにしております。聞き出すことと同時に、如何に正しい情報をいただけるか、その為に、改めて色々な事を、書いてもらう必要性があると考えます。

    そこから、次の作業が開始します。この際、最低限、レントゲンとP検と、模型があるといいかと思います。保険で取るのですから、ある程度、模型に関してはアバウトで構いません。そこで、データを、ドクターサイドで分析します。ここは、残念ですが、アバウトであることを、徹するしかありません。保険点数では、我々は、模型を丁寧に取れば取るほど、経費倒れになります。しかし、知る事、伝えること、この為には、仮に、ここで、経費倒れになっても、院長である私は、構わないと判断しています。むしろ、必要と感じて、その旨の説明をいくらしても、拒む患者、拒める患者の方が、怖いです。

    本題に戻しましょう。
    出来れば、P所見は、あなた方のテリトリーにもなるわけですから、プロとして、気付いたことを、合わせてコメントをカルテに書いていただいていると、すごく助かりかます。
    次に、アセスメン準備の話し合いが持つ必要が出ます。

    客観的な情報を、改めて聞き出していただきたいと思います。

    状況からどんな検査がいるのか、どんな検査をしていくべきか、そして、病態把握の為、どんな問診事項がいるのか、等々、ここでは述べることが出来ないぐらいあるかと思います。

    そして、聞き出してください。
    次に、どんな検査がいるか、説明をお願いします。
    ここは、ドクターが、逐一説明する必要性はないものと考えます。

    君たちは、コーメディカルスタッフは、患者を管理する側で、ドクターは、患者を処置する側という、水平分業の立場におるわけです。

    君たちが、しっかりと説明をして、どうされるか判断を患者に仰いでいただきたいのです。
    検査が終わり、君たちの情報をアセスメント化していただいて、私たちドクターは始めて、関連図に入ることが出来ます。

    何故、このような形を取らないといけないかといえば、簡単です。

    今、現在、我々の生活の場の歯科界は、保険病名と実際の、臨床病名には既に、乖離がある事実が出来上がってしまっている側面があり、そのまま現場が受け入れている事実があること。特に、噛み合わせのジャンルにはそれが特に、顕著であること。とすれば、それは、非常に危険性をはらんでいることになります。

    次に、検査が、保険の枠を、既に超して存在する以上、治療契約、治療同盟を構築する為には、正しく、情報を共有する必要性があること。

    保険の検査では、保険病名をつける義務が、私どもにはあります。

    しかし、保険外の検査においては、保険病名の病名がつけられる場合、そのまま、適応をしていけばよいと思います。しかし、既に、その枠を超して存在している病名には、正しく、その病名を、我々の先輩たちが、見出した、病名で、その存在を、しっかりと把握する必要性が出てまいります。

    医科の先生たちが、さすがだなって思うことは、その存在を越した場合、必ず、その病名をつけ、患者に渡すことをしていることかと思います。

    制度の違いがあり、一概に導入をしていないことを、私どもは卑下する必要性があるとは思いません。むしろ、先輩たちが置いていった言葉をしっかりと、調べ、患者に与えてあげればよいかと思います。

    そして、彼らが把握できない場合、彼ら自身、こういった手法にて、導き出す、つまり、地図を描くという作業をするのです。私たちも、それをして、正しく患者に伝えればいいのだと思います。

    医科の世界では、君たちが見ている、私どもが扱っている症状に罹患している患者の一部には、筋繊維症という名前を与えることになる方々も存在するようです。何故、このような遠巻きの言い方をするかといえば、私は、その基準では、審査・診断をしていないからです。

    ただ、この、病名のすごいところは、例えば、顎関節症という、疾患も実は、この病名の中に含まれてしまっている、一ジャンルの病態だということです。既に、ここを着目して、この医科の診断基準で、この病態と戦っている先生もいます。

    友人の一人として受け入れてくださっているみたいで、私には、誇り高いです。たまに、連絡を取るのですよ。

    私も、この見解には、詳しくは、勉強をしていないのでという断りを入れさせていただきますが、実は、噛み合わせと、この筋・繊維痛症は、大きく関わっていると思います。

    ここで、理解していただきたいことは、さすが、医学部、頭がいいやでは、無いです。
    逆に、彼らは、噛み合わせなんていうものを、分かってはいませんから。でも、それは、専門分野が違うから、仕方が無いかと思います。

    また、時代が変われば、分かりません。このことわりを予め、入れておきますが、この、先んずる目を持った先生のように、歯科も当たり前のように、この診断基準になるのかもしれません。

    病名が無い人間たちに、病名を与えることの出来る事が、どれだけ、罹患している方々の福音になるかです。

    顎関節症と、噛み合わせの異常と、体の愁訴は、その言葉の定義上、一切、関連性はありません。いいですね、覚えて置いてくださいね。

    ここを、しっかりと理解してください。ここからが、大事なのです。

    我々が見ている患者の訴えは、残念ながら、保険病名には、無いものが正直多いです。

    では、どうしなければならないかだと思います。
    でも、改めて、言いますが、病名が無ければ、あるいは、病態把握が無ければ、決して、前には進めないのが、治療です。

    私自身、学んだ(保険病名ではないですが)病名で、ずーっと、治療をしてきました。
    その成功率は、統計を取ったわけではないですが、相当に、高いものと勝手ながらに自負しています。

    ですが、この高い、低いなどは、正直、どうでもいい話かと思います。

    問題は、治せずに悲しい思いを、させた患者がいた事です。
    何故なのか?

    それだけです。
    私が、悩んだことは、その系の患者が、訪れたとき、10人来れば、4人は、後の2人は、賭けだなって思っていた時代もあります。

    次に、6人までは行ける、後2人は、何とかなるか、でも、あと、2人は・・・

    そう考えていました。

    今は、不思議がらないでくださいね。あきらめたわけでも、自暴自棄になったわけではないのです。

    あんまりそんなことは考えていないです。というよりも、怖さを感じず、ただ、当たり前に、当たり前のことをすればよいと考えるにいたっています。

    その秘密は、病名と診査、診断にあったと今になって考えます。難しい方もいます。でも、問題点が分かれば、次に、どう導けばいいか、分かるじゃないですか?

    昔、噛み合わせの治療で悩んだとき、ある先生に言われました。
    僕は、10年、かかって治したことがある。
    治せなかったこともある。
    でも、その運動を続けなければ、仕方ないのじゃないだろうか?

    そんな話でした。

    それが、ライセンスの持つ意味ではないだろうかって。

    患者の声を聞くこと、難しい患者ほど、正しい訴えをするのだから。
    それを、頭で否定するのではなく、受け入れてごらんなさいと。

    相当、話が横道にそれました。

    で、考え出したことは、昔触れた話に戻りますが、構造が歪んでいる事と、訴えを、そして、考え付く検査を全て織り交ぜて、導く方法は無いかということだったのです。

    なら、医科の人間がどうやって、病態を把握して、導くのだろうと、調べて、歯科的な方法として導いたのが、アセスメントか、そして、関連図なのです。

    さて、ようやく、この目的を、伝える手前まで来ました。

    次回は、もう少し、アセスメント、関連図をどういった位置づけで、そして、如何に病態把握まで、導くのか、そして、君達、コ・メディカルスタッフに活躍してもらいたいか理解していただきたいと思います。

    この病態を把握する方法は、色々とあります。しかし、ドクターとスタッフで、次に、何を聞き出すか、正直、大事な思案どころに、なると思います。できれば、ここで、ポイントになります。

    カテゴリ
    当院の読み物

    MORE

  • NEW

    最終更新 2014/12/03
    誰が得をするのか?

    とはいえ、保険は・・・(なんだろう? その22)

    口腔と全身との関わりを、決して、今まで書いてきた管理する側も、手をこまねいているわけでは、決してないと思います。

    保険制度における反映に手をこまねいているわけでもないと思います。

    ただ、あまりにも、解決すべき因子が、多く、制度自体に無理が生じて来ている気がしてならないのです。

    もし、預けてきた医療費を、必要に迫られ、管理する側が、私達に一括で返金する仕組みが出来れば、もしかしたら、理想の治療を躊躇することなく、受けることが出来るかも知れません。

    もし、金利もなく借りることが出来るのなら、躊躇なく理想の治療を受けることが出来るのかも知れません。

    差額分のみ、負担する事が可能になれば、理想な治療を安価に、受けられるのかも知れません。

    民間の保険会社に、適応できる商品を作ることを許可すれば、それも、また可能になるのかも知れません。

    今、手をこまねいて、気がついたときには…

    と、なった場合、誰が得をするのでしょうか?

    そんな事を、私は考えたりもします。

     国民一人一人が、享受できる環境になるには、お任せではなく、考え、選挙にいって、反映する積み上げをしていくことからしか始まらないと、そのように思うのです。

    制度崩壊が本格的に始まったとき、その時は、実は、誰も得しない結果に終わる気がしてなりません。

    私どものスタンスは、単純です。
    保険病名がつかないものには、保険適応が出来ない。
    保険対応の技術で対応できないものは、保険対応が出来ない。

    保険で出来る事は、保険で行いましょう。

    そんなスタンスです。

    しかし、いつの間にか、医院もかみ合わせに特化した患者が多くなっていました。
    そして、その専門性を維持するため、保険の範囲で、十分治りうる患者に対しては、その役割を、ひとまず、終える事を視野に置き始めてもいます。

    医院の治療の質の維持の為、保険治療のみ希望の場合、定員制を(保険治療においては、数を見ないと売り上げには一切反映されません。でも、質を守るとなると、無理はしたくないと考え始めてもいます)検討し始めてもおります。

    申し訳なく思う側面もあるのですが、かみ合わせで悩む患者の深刻度は、相当なものです。生半可の受け入れ態勢では、実は、結果すら生まれない事を、経験が教えます。

    ただ、矛盾しているかも知れませんが、この制度については、今しばらくこだわって考えたくも思っております。

    *かみ合わせの重度の患者は、時に半日お付き合いする事もあります。(治療する事もあります)その際の費用は、施術料が基本となります。

    前のページへ 次のページへ

    カテゴリ
    当院の読み物

    MORE

  • NEW

    最終更新 2014/12/03
    憲法で保障された、健康的で、文化的という、項目

    とはいえ、保険は・・・(なんだろう? その17)

    経済も何も、知らない人間が、勝手な妄想をしてみました。
    でも、方法論は、何でもよいと思うのです。
    多分、大事な事は、医療機関も、患者も、有益な(物理的にも、精神的にも)結果が、導かれる事ではないかと、思うのです。

     ある民間機関の調査によると、昨年度(2008年)東京において、保険医を辞めた(保険診療をしない)形で、廃院を選択した医院は、750件弱というデーターが出ております。(この場合、実際は、閉院をした所と、保険を一切取り扱わない医院が存在する、2つの実態に分けられるようです)

    その一方で、厚生労働省が把握している廃院数は、東京都では、300件強です。実態は、分りませんが、400件強は、保険を取り扱わない医院の誕生という事を意味する気がします。

    そして、新規開院は(保険診療を行う)300件弱です。

    僅かかもしれませんが、保険診療で、受けられる場所を、患者は失ったという事を意味するように思えます。

    そして、ブラックジャックが新たに400件強、誕生した事を意味するのかも知れません。

    それは、きっと、素晴らしいのかも知れません。

    そして、もし、この現象を、時代の波というのならば、それは、それで仕方ないのかも知れません。

    では、預けた権利は、どこに行くのでしょうか?
    憲法で保障された、健康的で、文化的という、項目は、どこに行くのでしょうか?

    どうも、置き去りにされている気がしてなりません。

    もし、素晴らしく大きく何でも、見てやろうという方々が、おそらくその該当する方々、官僚か、政府か、政治家になるのでしょうが、保証している権利を、遂行できないと認めていただけるのならば、かかる費用を、預けている分、返却があってもいいような気もするのです。

    歯科の治療の場合、最終的には、補綴治療になることが多いわけですから、ある程度は、見積もりを立てることが、可能な場合もあります。

    ユートピアを語りつつも、素晴らしく大きく見ることが出来ないとするのならば、その権利に対する、契約不履行という見方も成り立つ気がするのです。文化的で、健康的なという憲法の言葉に対して、その運用を任されている側が、順守できないとするのならば、その預けているお金を、返却して、患者である自分の医療費に、補充できる権利を認めていただけても、いいような気もするのですが、どうなのでしょうか?

    誰もが、文化的な社会的な生活を営み、社会の一員であることを望む権利がある事を、この国は、保証しているはずです。

    便利ですみにくい世の中を、作る必要はないような気もするのです。

    現状の歯科界は、このままいくと、荒む所を、通り越して、どうなっちゃうのだろうと、憂慮した事もあります。個人が何か特別な事が出来るとも思っておりません。そして、特別行動をしようとも思っておりません。

    むしろ、滑稽に感じる事もあります。

    補綴物を作る国内の技工士の数は、既に足りない状況になりつつあります。

    技工士になっても、技工士で生計を立てるわけではありません。

    保険の技工物の作成で、生計を成り立たせるには、既に深夜まで、残って働き続けなければなりません。

    体も精神もおかしくして、社会生活から離脱せざるを得ない状況に、なった人間もいます。

    ごく一部という捉え方をされる方もいるかも知れません。

    学校を卒業して資格を取った人間の5年有職率は、既に1割を切ったと言われています。

    何かしら、真剣に考える時にいるのではないでしょうか?

    もしかしたら、何か動きを示さなければ、この制度は、崩壊の憂き目にあう所にいるのかも知れません。

    もし、実際、何かが起きた時、あなたの権利は、どこに残っているのでしょうか?

    もし、実際、技工士の需給体制が、崩壊したとき、あなたの権利は、誰が、保証するのでしょうか?

    もし、実際、保険ではない、自費診療を選択せざるを得ない場合、納めた権利は、どこに行くのでしょうか?

    その、どこや、誰かを探す旅は、したくないものです。

    そんな時代が、来ない事を、祈りたいと思います。

    前のページへ 次のページへ

    カテゴリ
    当院の読み物

    MORE

  • NEW

    最終更新 2014/12/03
    とはいえ、保険は・・・ 導入編 保険治療の限界

    とはいえ、保険は・・・(なんだろう? その1)

    年も明けて半年たちました。急激に景気も悪くなりました。見るニュース、見るニュース、決して明るい台詞があるように感じられないのは、私だけでしょうか?

    時勢を読めないのか、政権を維持する事に躍起にぶれずにいられるのか、そう言いながらも、市井の人々は生きていかねばなりません。かく言う、私もその一人です。だから、必死に生きましょう。生きてこそと、思うのです。

    悪いよねと、言えるうちは華かもしれません。黙り始めたら、正直、人間苦しいだけになる気がします。だから、何とか、笑いましょうよ。些細な事でも、いいから、そんな事を云いたくもなります。
    歯科の多くの業者が、私の所にも来ます。言う言葉、言う言葉、やはり元気な言葉はありません。“2極化が、明確に始まったように思えるのです”、そんなコメントを聞く事すらもあります。

    さて、この2極化と言う話を聞いて、どのように感じられますか?そうか、儲かっている所と、儲かっていない所、あるいは、患者が来ない所と,変わらず来ている所、そんなイメージかもしれません。

    でも、事はそんなに単純ではないと思うようになっております。歯科相談のコーナー(?)—こんな表現でいいのでしょうかー、実際、どういう言い回しが適切かは分かりませんが、そんなサイトを覗いていると、ますますあからさまに、保険診療の限界が唱えられて来ているような気がします。これは、歯科医が発している言葉ですので、もしかしたら、心して何かを受け止めていただければと思うのです。

    二極化と言う表現は、実質世界の捉え方になるのかなって思うのです。事象と言う捉え方をすれば、先に書いたような物質的な解釈が生まれるのかなって思うのです。他者の評価は、儲かっているかいないか、患者がいるかいないか?
    などと、歯科の先生を中心にみると、なっていくのかもしれません。

    でも、事は単純ではないと思うようになっております。昨年(2008年)度、東京都の歯科医院の新規開院は270件弱、廃院は、350件強、保険医登録を脱退したのは700件強(廃院も含める)です。見方を変えれば、東京で保険診療を受けられる歯科医院の数は、逆説的に言うと減少しているという事になります。

    個々の医院は、実際のところ、零細事業所と言う位置づけですから、消えていくことは、不思議ではないのかもしれません。そう考えれば、そんなに大きな事と捉える必要もないのかもしれません。今現在、コンビニより、多い現状から患者側も、とりたてて焦る必要がないのかもしれません。でも、その受け入れ先が減っているという現実は、ワーキングプアーとマスメディアで賑わせた頃よりもその将来は、実は、深刻な事を意味するのかもしれません。

    この傾向が続くとしたら…

    少し、考えてみませんか?
    今回は、ここにちょっとしたスッポトを当てて、自分なりの意見を出してみたく思います。

    油断をしていると、いつの間にか、国民保険制度は、形骸化してしまうかもしれませんよと言う、つぶやいてみたくなったお話です。

    だから、考える必要があるような気がします。
    その為には、知ることなのかなって思うのです。

    そして、ご自身なりに考えていただきたく思うのです。

    今回はここまで。

     次のページへ

    カテゴリ
    当院の読み物

    MORE

  • NEW

    最終更新 2014/12/03
    医療の位置づけと医療費のこと

    とはいえ、保険は・・・(なんだろう? その12)

    大分、思ったことを、勝手に書いております。お付き合いいただき、ありがとうございます。気が向いたことを、気が向いたままに書いているだけですので、適当に、読み流していただければと思うのです。
    ま、さておき。

    サービスを享受する事に、資本主義の消費者の権利があるとしましょう。
    必ず、市場の洗礼を、その商品は、浴びる事になります。

    医療は享受患者のものだと、考えるとしましょう。

    すると、どんな役割なり、どんな情報管理(?)が、なされるべきなのかなって思うのです。

    仮に、僕が規制をする側、治療ガイドライン(医療費の為の)を作る側とします。

    享受する医療は、多分、とんでもないと思う気がします。
    知識がない患者が、正しい知識を得る事は、まず出来ないという判断をすると思います。

    もし、仮に、そこに既得権益が、派生しているとすれば、享受患者という感覚は、一切、受け入れられない気がします。

    患者主体という言葉を旗印に、過保護の親のように、細かく、細かく決め、同時に、患者と向き合う環境を作ろうとするような気がするのです。

    15分で一人処理する工程で生まれている制度に、患者と向き合わせようということ自体、無理はないでしょうかね。

    でも、患者主体の体裁と、見る事が出来ない効果で、医療費抑制に入れるし、万事万々歳と思うと思います。国は、財政は、負担しないですむ。患者は主体で行われる。間違いなく、支持されると、強く思えるのかなって想像します。

    ここで、見方を変えて二つの現象から、逆のことを、考えてみたく思います。
    歯科に、限定しております。他科を語れるほど、すごくはないと思っておりますので…ご容赦を。

    捉え方を変えてみると、どうなるのだろう?という考え方です。

    1. 医療の位置づけ
    2. 医療費の事

    1) 医療の位置づけ

    多分、憲法に保障されている、健康でという文言に、全てが集約されていると思うのです。

    そして、不健康になり、それによる経済活動に支障が来ないよう、回復、再生等々の言葉に集約される役割の一つとして、医療活動があると、言ってもよいのではないでしょうか?

    ですから、医療保険というべき、健康保険は、経済的自衛手段としての役割を持っているとも言えるかと思います。

    そうすると、疑問が生じます。

    お国に今まで預けたお金は、どこに行くのだろう。どこに行ってしまったのだろう?
    預ける事で、今は(この先は分らないが)3割を、払えば、医療費は高額の支払いをしなくとも、成立をしていた筈です。

    でも、現実に高額な医療費は存在する。治療機会が、見方を変えると、預けたお金では受けられない。

    安全な技術は、時代の進歩とともに、確立がなされます。

    そして、保険制度は、半世紀前の技術…

    多分、位置付けが、どうなのだろうか?と思うのです。
    君達は、国民の義務として、医療費を預けなさい。そうすれば、憲法の保障する権利の健康的な、は、具現化できます。

    昔の技術で、今となっては、非効率な技術で、保証する事なのでしょうか?
    この位置付けに、実は、一つの問題点があるのではと、思えてしまうのですが…
    どうなのでしょうか?

    2) 医療費の事

    国に7割(現行では)預けている、前払い型の預け方という見方も出来る気がするのです。

    そして、抑制という形と、保険請求ガイドラインの複雑化から、患者は何を得られるのだろうか?僕は、不思議に思う事があります。

    サービスの向上を、豊かさを獲得するにつれ、資本主義で生きる消費者が、求める事は、決して間違いではないと思うのです。そして、サービス産業に位置付けられる医療も、その縛りから、離れる必要はないと思うのです。

     医療技術の開発が、コスト増の問題と、捉えるのならば、患者は利益を享受する事は、出来ないという事にならないだろうかと思うのです。

    例えば、病院の起源は、気高い慈善の技にある、そんな言葉もあります。

    手厚くもてなす=ホスピテル=ホスピタル=病院、こんな表現も、出来ます。

    では、7割預けて、どんな手厚いおもてなしを、患者である あなたは、受けられましたか?

    3割が高いのか、安いのかでは無く、享受という視点に立って、何かを得られたように感じられますか?

    医療費抑制のうたい文句で、『預けた権利は放棄する半世紀前の治療』と、『預けた権利の元で、保障された憲法の健康的な生活を、満足を受ける、手厚いおもてなし』とでは、どちらが良いのでしょうか?預けた以上、預かり分も、保証されるべきではないかと、妙に、思われるのですが…

    僕が、変のでしょうか?
    保険制度から立脚して、歯科界が自費システムに移行することを、患者であるあなたは、受け入れますか?

    前のページへ 次のページへ

    カテゴリ
    当院の読み物

    MORE

ブログ・記事一覧