東京都府中市 京王線府中駅前【顎関節症に詳しい医院】

10:00~18:30(土曜17:30まで)
日曜・木曜・祝祭日 休診

ご予約
ご相談
042-352-1551

じっくりと事を進め、
急がず、確実に。

ニュース

顎関節症に詳しい歯科医院

このサイトでは、顎関節症、噛み合わせなどの問題について、当院の考えや取り組みを紹介しています。

このホームページは、事、咬合(噛み合わせ)という世界を、とことん掘り下げて紹介していこうという、そんなエネルギーで、書いております。

別に、全ての項目を読まれる必要は無いかと思います。
知りたい、あるいは、面白そうじゃない、そんな興味をもたれた方には、頑張って、是非読破されてください。

どの章も、一話完結になるよう、工夫しております。

ですので、決して、全部読まれようとはされないでください。
それよりかは、ご自身が、興味あるいは、必要性を感じられた部分を読んでいただければ、良いと思うのです。
そして、知りたい分野だけ、読まれて欲しいと思うのです。

また、私自身、成長するホームページでありたいと思う想いがありますので、定期的にをしている側面もあります。

そして、書いている私自身が、ある種楽しんでいる側面すらあります。
そう簡単には読破されるものかと…だから、決して、全部を読まれる必要性は感じておりません。

楽しみたい方がいれば、是非読破されてください。

特集

新シリーズ

『歯科と医科の盲点』
最終更新 2018.04.13
私自身、長年結果論ですが咬合と全身の関わり合いを研究する(ような)状況に陥ってしまいました。いえ、正確に言うと必要に迫られました。

このシリーズを読む

  • NEW

    最終更新 2014/12/04
    関連図と診断の関わり

    まずは、模型はいれずに関連図と診断との関わりを入れておきます。

    読まれている方へ(特に医療関係者の方々へ)

    関連図は、関連性を読み取るものであり、関連性といえどもその客観性は、分析者による主観性の排除は難しい側面があること。そして、その関連性は、分析者の能力に強く影響を受けがちなものという側面は、予めご理解ください。

    • その主観性を排除していく為に、各種データーを揃えて、当然ながら治療を進めておりますが、ここでは、そういったものは一切割愛しています。その為、主観で書いているように感じるきらいもあるかもしれませんが、あくまでも、ホームページの性質上と、ご理解いただければと思っております。宜しくお願い申し上げます。
    • 専門用語はなるべく省くように努力しますが、やむなく、使用している場合もあります。分かりやすく、説明を加える努力はしてまいりますが、そういった事にも限界があると言う事を、予めご理解いただければと思います。
    • 文体がやはり臨床の話ですので、どうしても固くなる難点があります。この旨、ご理解の程、宜しくお願いします。
    • これは、医院ごとで恐縮ですが、こういった内容についての問い合わせ等は、ご遠慮いただければと思います。教育機関でも、相談センターでもないので、ご期待に沿える能力は私どもにはありません。ご理解いただければと思います。宜しくお願いします。
    • あくまでも、市井にある一つの治療機関でしかありません。
    患者名   N 男性 40代
    主訴   歯茎からの異常出血
    問診より   精神安定剤、睡眠薬を利用。3年強。
    会社休職歴あり。
    もともと、体調の慢性的疲労感、倦怠感ある。微熱等継続経験あり。その為、何度か、休職経験あり。
    そのうち歯茎からの異常出血に気づき、とりあえず来院。
    (この表現を用いているのは、体も調子悪い。けど、原因は不明。ただ、歯茎から出血を見出して、これ以上悪化させたくなくて、ここだけでも治そうという動機の為)
    付記   下第1大臼歯消失。
    この歯を失い、残っている歯が動いてきたという自覚を持ってから、体調が急に悪くなってきたという事を、後から聞かされる。
    治療回数   4回(社会性を復帰させるに要した時間)、治癒期間1ヵ月半。
    完治は矯正をしない限り難しいと判断して、その旨、患者に伝えてあります。まずは、社会活動に復帰していただく上で要した時間です。

     

    この回数を見ると、おかしいと思うかもしれません。もしかしたら、実は、楽なケースだったのではと思われるかもしれません。
    その判断は、読者にお任せします。
    サボり病だったのではと、お考えになられても、それも自由ですので、お任せします。

    でも、一個だけ、その患者と、私どもが知っている事実があります。
    体が動かなかった人が、動くようになったのが事実です。
    社会から離脱しかかりながら、何とか、そうならないよう、あがいたり、もがいたり、そんな必要もなくなりました。
    元気になった事実。

    その人の将来という時間が、過去と今と未来に、とりあえずは、また、紡げる様になったのも事実です。

    ただ、それだけでした。
    渡したのは、回復力の再現です。
    構造の問題は大きく残っておりますが、それに耐えうるよう、ある程度の期間は、何とかなるのかなって勝手ながらに思っております。その先は、分かりません。
    暫くお会いしないのか、あるいは、ズーッお会いできないのかは、分かりません。
    今は社会復帰に全力をかけていただきたいので。

    お会いする機会があるとすれば、向こうからの連絡待ちです。
    それが、医療機関と思っております。
    もう一つ、東京から離れ、飛行機でないと、お会いできない所にチャレンジされに、旅立たれた側面もありますので、ま、そのうちお会いできるのかなってので、そんな思いでおります。

    さて、問題は、何をしたのか。だと思います。
    手順は次のページで。



    カテゴリ
    治療症例

    MORE

  • NEW

    最終更新 2014/12/04
    This is 病態関連図(2-2)

    昔はMPAという治療法を、当院では採用しておりました。
    今は、ポジショナーです。でも、MPAを否定するものではありません。
    詳しい理由は、どうぞ、そちらを宜しければ、読まれてください。

    この患者は、肩こり、首凝り、腰痛、冷え性、頭痛、ひざの痛み等がありました。あと、顎の痛み等の顎関節症状という感じで良いでしょうか?
    今は、仕事の関係上、仕事が終わると、肩は凝るけれど、ポジショナーを入れると、大丈夫という患者です。

    初診時より、噛む場所増えていませんか?
    下の前歯、見える量増えていませんか?

    自覚とすれば、歯を置く位置、どこに置けばいいのか、分かるようになったし、楽に食事出来るようになった。
    そんなお言葉を頂きました。
    でも、一番は頭痛薬を飲まなくなったという事が、一番の結果だったようです。

    今は、年に2回ぐらいかな?お会いするのは。

    この装置での管理は、今は最終的には8ヶ月に1回させていただくようにしています。

    でも、沈下していないでしょ。2年経ちましたが。2年目の模型でした。実は。
    むしろ、噛むところが増えたのが楽というお話でした。実は、ポジショナーの患者に、必ずこの現象が起こるので、いつのまにか、治療法をポジショナーに変えた理由かと思います。後は、ドクター次第ですので、良く分かりません。ただ言えることは、自由度が、私が経験しているどの装置よりも、遥かに大きい事実はあります。多分、選択した大きな理由は、ここら辺にあるかと思います。
    チャンチャン。

    あ、言い忘れました。
    私が取り組んだのは、姿勢位の回復、位置覚の回復、ただそれだけです。
    それが、この結果を生んだのです。
    歯科医のライセンスの範囲でしか、治療は引き受けておりませんので、誤解されないでくださいね。
    関連図等の分析で、いけるでしょうと判断したので、お引き受けしただけです。
    多分、これで、ポジショナーだけの治療のお話はおしまいです。気が向いたら、増やすかもしれませんが…何せ、優柔の人なもので…
    あまり、治った症状を書いてもそのような事を、書いても、多分、それは、自慢でしかないように感じ、僕には意味は無いと思えるので、これぐらいにします。

    でも、姿勢位の回復という言葉、実はこのポジショナーにおいては、重要なキーポイントなのかもしれません。

    さておき、姿勢維持機能というものと、口腔内は、どうも色々と関係しているようですよ。

    スポーツマウスピースのお話です。筋電図を足のひざより下につけて、筋電計を見ると、装着した際と、装着しない際、その変化に有意性が認められました。これは、研究でのお話です。

    これが、実は噛み合わせという事は、実は、密接に体と関係している何かを暗示しているそう思いませんか?ちなみに、その演者の先生もそのように、はっきりとおしゃっていましたよ。(笑)

    実際のところ、基礎といわれる学問のジャンルでも、歯科とは関係の無い方面からも、かみ合わせという言葉が、一人歩きをしている気がします。

    それを、面白科学でいいと思うのです。知らないより、知られている事、そんな風に思います。

    カテゴリ
    治療症例

    MORE

  • NEW

    最終更新 2014/12/04
    This is 病態関連図(1-2)

    そこで、今回の模型が出てくるというわけです。
    この方は、体調は、だんだんと上がってきています。当の本人がそう申していただいているので、そうなのでしょうと、適当な根拠を書いておきます。医学的理由は企業秘密ということで、笑って流してください。

    でも、もう一度模型を見ていただけますか

    おそらく、かみ合っていないということが、分るかと思います。
    言い方を変えましょう。
    こんな歯は、自然で無いという言い方もありかと思います。
    私どもが治した歯では無いです。
    こんなんで、食事できるのか?そう思われるかもしれません。

    で、だからって、なるかと思います。写真を見てください。
    1本歯が足りなくありませんか?

    私どものところで抜いた訳ではないです。
    情報を少し、増やしてみましょう。
    昨年、治されて、歯が痛くて別の医院にて歯が割れているという事で、抜かれたそうです。

    次に、同じサイドの下の奥歯が痛くなり、聞いたら、やはり割れているといわれ、抜く事を進められたそうです。

    実際、私どもでは3回しか俗に言う、かみ合わせ治療はしておりません。(一応、ジャンル的には、そういう言い方が適正になるかと思いますので、そのような表現にします)歯石取りには何回か付き合っていただきましたがね…

    歯を削ったのですか?
    いいえ、削っておりません。

    結論だけを申しますと、歯に関しては触っておりません。でも、歯の痛みは消失し、今現在も抜いておりません。その必要があるとは、今のところいえないかと思っておりますので、そのように強気に書いておこうと思います。

    まだ書いておりませんが、この方法だけで、終わらせる事は出来ない場合もあります。
    それについては、どこかでこの伝えたい何かを、伝えられた時に、次に、例えばどんな方法を使用して治していったかを書いていこうと思います。

    本題を戻しましょう。
    体調が上がっているのに、相変わらずかみ合わせは、悪い。
    すると、かみ合わせが悪いと、体調が悪くなるという定義なのでしょうか?定理なのでしょうか?条件なのでしょうか?

    私は、あくまでも、かみ合わせが悪いという事実と、体調の関係は、絶対条件では無いと思っています。
    体調が悪くなる為の、時に必要条件であり、時に十分条件になると、受け止める方が良いのではないかと考えるのです。
    この時が、曲者ですが、今回はこのように書いて、流しておきます。
    そして、定義でも、定理でもいずれにも該当しないと、思っています。
    むしろ、ある基準で見た場合、必要条件にもなりうるし、十分条件にもなりうると考える方が良いと、思うのです。

    むしろ、このように受け止められる方が自然かと思います。

    例えば、不摂生をするから、体を壊すのではなく。
    不摂生をして、食生活が乱れるとか、睡眠がうまくいかず、休息や回復がうまくいかずに、結果として、体調をおかしくする。体が壊れるという言い方に、言葉を足していくとなるのではないかと思うのです。

    ですから、かみ合わせが悪いと、何々がおかしくなるから、結果として体調がおかしくなるという言い方が自然では無いかと思います。

    また、体調がおかしいと、かみ合わせがおかしいという言い方も、このように考えると、むしろ、体調がおかしい場合、何々が同時におかしくなっているから、結果、かみ合わせがおかしくなっている事があるという言い方のほうが、実は、すこぶる自然だと思うのです。

    ご自身の体ですよ。
    ご自身の歯ですよ。
    よく考えて、判断されていくべきでは無いかと、思うのですが…

    カテゴリ
    治療症例

    MORE

  • NEW

    最終更新 2014/12/04
    病態関連図から治療スタート/顎関節症や噛み合わせの治療に向けて

    関連図をまずは記す。

    1. 病態把握を行う。
    2. 行うべき治療ステージの構成を立てる。

    そのもとで、段階的に治療を行った。 報告
    この関連図から治療スタートは実は2ヶ月以上のブランクがあります。
    歯から始まっている可能性があることをお伝えましたが、結論を言いますと中々理解をいただけませんでした。
    ただ、病態を落ち着かせたいということで、ドクターと整体の施術院を紹介しました。

    ドクターの方は、自分の中で、どうしても改善が無いということで、途中で通院をやめる判断をされたようです。

    整体より歯科的側面のアプローチを進められ、初診より遅れる事2ヶ月経てからスタートする。

    関連図より抜粋とまとめ

    当時、診断は下記のように行っていたようです。

    機能的側面にてパラファンクションがあると推察される。
    その根本理由には、前歯被害関係と臼歯関係の、オバークロージャーと、運動時のジェットの関係性の無理が大きな理由にあるものと考える。

    この作用により、常に筋緊張関係が有ると考える。この関係性が代理作用、あるいは、過補償につながり、体に関連化をさせ、問題を複雑にしているものと考える。
    その要因が、結果、食いしばりを起こし、体に歪みを起こしているものと捉える。

    相補下顎位より、顎・口腔系においてのアライメントは既に、乱れ、特に水平面を着目すると、その乱れは、顕著で、結果、体肢の歪みまで、発展させているものと考える。

    結果、不良姿勢を生じ、あるいは憎悪させ、結果、体の代償作用が、不定状況を、起こしているものと考える。

    この患者の場合、姿勢位の回復、機能性の回復、その後、矯正治療を行い、最後に咬合条件の再付与を行うことが妥当と考える。

    ここに解説を入れてみようかと思います。

    カテゴリ
    治療症例

    MORE

  • NEW

    最終更新 2014/12/04
    This is 病態関連図(2-3)

    いよいよ、今回の最終章です。

    先に書いた文章があります。多分、要点をまとめると、こうなるのかなって、思います。

    1. かみ合わせが悪いから、体調が悪いのだと、時に断言しているホームページを見ることがあります。
    2. 体調が不調であれば、かみ合わせがおかしいと書いてあるホームページがあります。
    3. 歯の当たり方がおかしいからここを削れば、首が動いたと書いてあるホームページもあります。

    僕は、実はこのように考えています。でも、言葉とは多様なものです。ですので、今後も色々なところに、もって帰っていただきたい何かを置いていくと思うのです。多分、よく理解していただけ無いと、前といっている事と違わないかと、誤解を渡すかもしれません。ですので、受け流す感覚で、読まれていただけるといいかなって、思うのです。いつも同じ事を言っているだけですので…
    色々な言葉を使いながら…

    1. 身体は、多分歪むように出来ているのです。
    2. 別に、歪む事は、感傷的になれば悲しいですが、老化と同じように、避けて通れないものと思うのです。
    3. 問題は、健康的に歪む、言い方を変えれば、許容範囲のひずみ(歪み)ならやむを得ないと思うのです。
    4. しかし、この歪み方に対応するよう、歯の当たり方は経年的に変わります(成人を対象にさせています)そこに、磨耗という言葉や、病的咬耗と言う言葉が存在するのじゃないかなって、経験上思います。
    5. で、口腔内での反応は、歯牙に現れるか?歯周組織に現れるか?顎関節に現れるか?全身に現れるか?その複合なのか?そんな風に考えることがあります。

      面白実体験♪

      経験とは面白いものです。実は、右下の奥から2番目の歯を、根の治療をしました。人生はドラマです。今は、まるっきりシステムが変わっていますから、無いようですが、僕たちの大学には、相互実習という事で、学生同士で歯科の治療を、問題があれば、治療を行い、患者の気持ちも同時に味わうという経験を持っています。元は幼少の頃、引退をされましたが、叔父に虫歯という事で、治してもらったのですね。治してからというもの、何故か、ブラッシングをするにも関わらず、大体10年サイクルで、治した歯を治すのですね。覚えている事は、歯を入れてもらうたびに、合わない気がするというと、慣れるから、なんて言われて、そんな物かと受け入れさせられて来ました。良く、患者さんが、治すたびに歯が悪くなる気がする、そんな言葉も実は、こんな経験をすると、結びつくような気がします。
      さて、大学で、実は、僕らの学年が、最後に臨床実習をおしまいにするという話が出ました。それは、この素晴らしい、システムを崩壊させるのはどうかと思い、正確に言えば、後輩に切々と協力を依頼され、−自分で患者を見つけないといけないのですね。そうしないと、進級できない、卒業が出来ない、見方を変えると厳しいシステムでした。結局は患者の権利意識、無資格者に歯は触らせたくないという物と、学生気質の変化に、大学教育も中止という形で、このシステムの廃止という事になってしまいましたが…全く、経験の無い歯科医が、世の中に誕生していくわけですね…臨床研修医という変わりに出来た新システムも聞く限りは、僕の学生時代よりも、遥かに甘い気がしますが…だから、歯科医が育ちにくい時代になって来ているようです。−分かった、叔父さんに治して貰った、歯(虫歯かどうか、学生時代は様子を見ることにしたのですね)一度、診てくれ…虫歯でした。
      彼女の治療がまずかったのでしょうか?自分なりの診断は心にありますが、それは、内緒です。彼女は、30を見ること無しに、病死しました。だからです…10年もしないうちに、痛くなり、沁みるようになり、友人に治療をしてもらいました。根の治療です。その治療後のお話です。本題に入るのに、結構引っ張りましたね。反省です。
      面白い、恐怖体験をしました。
      治療が終わり、家に帰り、何気に玄関に座ると、立てないのですね。
      痛くて立てないのではないです。
      あれ、どう、立つのだっけ?
      笑っちゃいました。
      立てないのですもの…
      これだ、(お笑い芸人風にいえば、おいしい経験です)これが、患者の言う、おかしくなったという、言葉の意味だ。もし、私が素人であれば、医療ミスと疑ったものと思います。何十分考えたでしょう、何時間考えたでしょう。家族もいます。冷静になり、よろけながら、喰いしばって、立ってみました。壁に寄りかかりながら…後にも先にも、分けの分からない経験は、実感としてあれが、始めてでした。その先については、また後日という事で…

    6. 歪みを解消するために、歪まない環境をまず渡す事からしか始まらないと、私は考えるのです。

      そこに、実は、基礎学の分野に、秘密がキラキラ光っていたとします。ここに、実は、大きなヒントがあったりして。これは、そのうちという事で…

    7. その元で、あるべき環境に戻せば、実は面白い事が、身体に当たり前のように起きる、そんな風に考えるようにしています。
    8. だから、かみ合わせが悪いから、体調が悪いのではなく、かみ合わせが悪い事と、付随して、***がある事から、結果、体調が悪くなるという言い方のほうが、正しいと思いますし、
    9. 体調が悪いから、かみ合わせが悪いのではなく、体調が悪い事と付随して***が、同時にあるから、悪いという言い方の方が、適切だと思うし、
    10. 歯を削るから、首が動くのではなく、***があるから、結果、その阻害因子になる当たり方を落としたから、動くようになったという言い方のほうが、実は正しいのではないかと思うのです。
    11. じゃあ、それは?と、問われると、ごめんなさい。文才が無いから、ゆっくり書き記すしかないのです。
    12. 医療のホームページだからこそ、ゆっくりゆっくり紹介をしていきたいと、勝手ながらに思うのです。
    13. でも、関係ないですが、保険診療は、保険診療で行っています。
    14. ま、よければ、一度、診察に立ち寄ってみてください。ちょっと、宣伝でした。

     おまけ
    さて、今後の多分、予告編(本当に読まれている方がいらっしゃる方がいるのかは、分かりませんが、ホームページ制作担当のKさんに、しっかりとしたものを作りましょうと、打ち合わせで言われたもので、頑張って書いています。面白い、インターネット会社と契約したものです。3年間、何もしないでいるユーザーを認め、書き始めたら、もっと、面白いものを書きましょうと、何気な駄目だし…、俺は、作家じゃないじぇと、叫びたくなるこの衝動…一人の世界でした。せっかく頑張って書いているので、多くの方に読んでいただけると嬉しいかもです。本音です)も、軽く書いておきます。頭が飽和状態なので、勢いで、適当に題名を付けておきます。後で、後悔するのだろうな…勢いだから。
    多分、題名は変わっていると思います。ごめんなさい。

    1. さあ、姿勢位の崩れで、ちっこと治したら、噛めるようになちゃたよ偏?
    2. 歯をとにかく削らずに、結果として、顎関節症を治したいよ偏?
    3. 成長をコントロールしながら、何とか、分けの分からない環境になるのを防いだよね偏?
    4. 歯を削りたくないから、それは、咬合のもう一つのルールよりね、(その公開)
    5. インプラントを利用した偏?
    6. 入れ歯こそ、まさに、顎位と、咬合の分かりやすい神秘かな偏?

    もう、許してください。ネタ切れです。思いつきません。ま、近いうちにまた、書いていきたいと思います。どうぞ、宜しければ、時々、覗いてください。
    そして、何かを持って帰られてください。そうそう、お悩みの際は、是非、ご相談を。
    それでは、また。

    面白いから残す事にしました。この予告に、期待したいと思います。K改め、グッドベアーより

    カテゴリ
    治療症例

    MORE

  • NEW

    最終更新 2014/12/04
    This is 病態関連図(1-3)

    さて、この模型の方の症状です。主訴という言い方のほうが、正しいのかな?
    手が痺れる。肩こりがある。歯が痛い。そこまでは、気にしていないが、これ以上歯だけは、抜くのが嫌だ。派手に治さないで、何とかなら無いだろうか?

    今回も図は書かずに、関連化させて考えたことのみ(診断した)、入れてどう判断をしたかを書いてみましょう。全ては書きません。そこは、ご了解ください。その前にですね、少し、整理していただく為に、ちょっと、いえ、もしかしたら、相当、横線に入ってみようかと思います。宜しければ、お付き合いください。ご面倒であれば、割愛されてください。

    こんな論文がありました。その一部を模式化したものです。
    この原典は、医学部のペインの先生が書かれたものです。模式化したものですので、出典は記載しません。勉強したい方は、是非自身で探されてください。知識は、苦労して得るものと思いますので、やはり、書こうとは思いません。そして、書きません。勉強してください。(笑)

    もしかしたら、読んでいただけると、その方が、説明は楽かと思いますので、宜しければどうぞ。


    だから、何!?
    そっ、それ、正解な感覚と思います。
    正直、悩みましたもの。患者である、もしかしたら、あなたに言われたとします。歯を治療してから、実は、痺れが、肩こりが、口が開かなく…起きたみたいなことを言われるとします。

    歯を削るから、おかしくなるのか、歯を削って、あるいは、いじったから、結果として、歯を触って、次に何かが起きるから、おかしくなるのか、さて、どうなのでしょうか?

    宗教みたいな感覚です。

    歯を削るから、おかしくなるとするならば、治療なんて何も出来ません。
    虫歯の治療も何もできない事になります。

    大きな問題です。
    敗れ傘を持ち、行き先すら失い、困惑の中、雨に打たれる素浪人ではないですが、にっちもさっちもいかない事になりませんか?自分の居場所が無くて、ただ、雨に打たれる感覚…
    あるいは、不条理劇にたたずむしか無いのか、という事にならないでしょうか?解決の無い、答えの無い世界に立つしかないのでしょうか??

    ということは…
    もしかしたら、矯正でもそうなるのかもしれません。
    もしかしたら、根の治療でもそうなるのかもしれません。
    歯科の治療、何をしてもおかしくなるのかもしれません。

    歯科の小話 (その1)

    もしかしたら、これを読まれている方の中には、根の治療をして、あるいは、何かを被せて、うまくいかずに、このページを読まれている方もいらっしゃるかもしれません。矯正の、ドクターは問題が無いと言うにもかかわらず、自分では納得がいかない方もいらっしゃって、読まれている方もいるかもしれません。
    動機なんて、どうでもいいと、思っています。
    たまたま、縁があって、読んでいただけているのですから、ありがたい事と感謝しております。
    でも、不思議ではないですか?
    エビデンス、科学的根拠としては、問題が無いという事を前提に、我々の業界が行っている治療です。それにも関わらず、この不思議な現象が起こる。
    医療ミスという言葉でも、医療事故という言葉でも、決して解決は出来ない気がするのです…いえ、してはいけない気がするのです。

    やはり、実はもっと、見落としている何かがあると考える方が自然では無いかと思うのです。どうでしょうか?

    大きな悩みは、ただ、単純に、少なくとも国家試験で習わない事、それを、気のせいと済ますか、あるいは、それを、考えて、何なのかを見つけていこうとするのか…

    どうも、何なのか考えることとしたようです。当時の記録を見てみますと…

    あっ、実際は、この患者さんにおいては、日々のルーチーンで、淡々と終わりましたよ。

    話を戻していきましょう。

    正直、悩んだ所でした。

    この模式図が、仮に、肩こりとか、痛みとか、痺れの原因になるとしよう。
    まずは、どうもそんなところから、考えたようです。
    (人間の記憶なんていい加減です。いい加減に覚えていて、いい加減に忘れさせてくれるようです。)

    では、どういうことか、考えてみました。
    例えば、歯科の臨床現場である現象の一つです。

    もし興味があれば、お知り合いの歯医者さんに聞かれてみると、面白いのかもしれません。必ずといっていいぐらい、こんな現象に出くわしているはずです。

    例えば、最後臼歯になる(細かい説明は割愛します)歯を、必要に迫られ、削るとします。咬合面を、削る必要性が出てきます。当たっている所を、削るわけです。これは、被せ物のスペースを作る為です。教科書的には、確か、0.5mm~1.0mmなんて書いてあったような気がします。(クリアランス、なんていう言葉が、専門用語になります。)だから、理屈状、その範囲を削れば、そのスペースは出来て、クリアランスが保たれるという事が成り立つわけです。しかし、結論を述べると、削っても、削っても、実はこのクリアランスが現れないという怖い現象が現場レベルではあります。
    おっと、ここで、紙面の都合上、おしまいにしたいと思います。

    宜しければ、次の章を、ご欄ください。では。

    カテゴリ
    治療症例

    MORE

  • NEW

    最終更新 2014/12/04
    病態関連図による口腔内機能検査

     

    ⇒機能がどうなっているか、検査をしました。また、口の中の状態より、やはり異常な状態が確認できました。
    考えます、何故、機能異常が起きないといけないのか?
    正常な構造であれば、異常な機能はおき難いはずです。
    ですから、構造を考えることにしました。

    このように捉えるといいかと思います。今の私どもの考え方の場合。

    正常な構造 正常な機能 :理想
    正常な構造 異常な機能 :これは、機能回復訓練を行えばすむ問題になりませんか?
    異常な構造 正常な機能 :この場合、構造のみにどう上手にアプローチをしていくか。計画性が相当に大事になる気がします。治療を行う場合。
    異常な構造 異常な機能 :この場合、どこら手をつけるべきか、あるいは、機能回復プログラムをどういった形で渡すか考えます。

    ここで、私自身も経験があります。
    機能異常を見落として、患者さんに悲しい思いをさせたことが。

    たまにネットとかを、見ると、歯を削られて倒れたなんていう言葉を、目にします。多分、そこを削ってしまったが為に、機能性に何がしかのトラブルを生じさせてしまったのであろうと。
    これは、実際にその情報について正しく分析、解析を加えたわけではないので、本当はどうなのか分かりませんが。
    でも、上記の4つのルールは大事なような気がします。
    私のオリジナルではなく、古い論文の先人が残してくださった足跡から、この基本を守るよう心がけているだけです。
    悲しい思いをさせて、原因を必死に探している過程で、落ちていたダイヤモンドの、ルールでした。
    その患者はということは、また別の項で触れてみたいとも思います。

    それが、こんな経験より、このルールは大事なものと考えます。

    ご存知でしたか?機能性は正直、保険では実際、一切、考慮には入っておりません。
    咬合の治療にはやはりこんな些細なことにも重きを置くべきと私は思います。

    関係ないですが、保険には既に限界もあると、理解しておいた方がよろしいのかもしれません。
    こんなことを考慮入れることは、求められておりませんので。

    次に、構造性を考えてみることにしたようです。僕は・・・



    カテゴリ
    治療症例

    MORE

  • NEW

    最終更新 2014/12/04
    病態関連図~導入編(その4)

    顎ズレで探してみると、MPAという言葉を見かける事があります。
    これは、大阪大学名誉教授の丸山先生が、開発されたとんでもない装置であり、治療法になります。
    かつて、この医院も、この治療法を取り入れて、格段の治療性成績を上げていた時期があります。

    私が、咬合や、顎関節症や、噛み合わせという考え方を、最初にめぐり合うきっかけを作っていただいた恩師になると、勝手に恐縮さを感じながらも思う次第です。今の私は、やはり、先生との出会いを抜きには語ることはできないように思っております。

    私自身、今現在は日本咬合学界に所属していますので(未来は分りません、人の心も徒然になるままにと、思うときもあるもので…ま、そんな感じです)年に何回はその講演会なりには参加してはいます。
    ただ、私の病態解釈とは違うようなので、そういうものと流してはいますが、でも、先生のエネルギーには、いつも敬服する限りです。(ドクター100人いれば、100通りの解釈がある世界ですので、少しは、成長したのかなって勝手に思っています…)

    先生の言われるところでは、年々MPAの装置としての概念が進化して、対応しているとの事なので、きっと、この臨床成績は、確実性を上げているものと勝手ながらに思っております。(実際は装置の名前も状況に合わせて、違うので、詳細はMPA治療をされている先生方に興味のある方は聞かれると面白いのかもしれません)

    ただ、この医院の場合、途中から、その病態に当時のMPAでは、全く歯が立たなかった事実もあります。
    また、MPAで、ある程度回復させても、うまくいかない場合もありました。
    僕の場合…
    もう、首をくくりたい心境でした。中学時代の弁論大会で、自殺は駄目だと小僧が言わなければ、あの当時の心情は、いつ首をくくってもおかしくなかったかもしれません。

    社会から勝手に孤独感、絶望感を感じ、ま、笑い話です。
    こういったときは、トラブルが不思議と出るものです。
    笑うしかないです。(ま、それも、いつか、気が向いたときに出したいと思います)

    情け無い話だけでは嫌なので、一応、ちょっとは自慢も。
    治ったデーターを、お貸しして、学会で医院のデーターが発表された事もあります。(本当でしょうか?本当です)
    で、分けの分からない改善が無いことを受け入れつつも、笑う事にしたのです。
    笑ってでも次につなげたいという思いだったのでしょう。
    多分、その時、選んだ事は。

    僕は、今のMPAがどんな進化をしたのかは知りません。もしかしたら、今のMPAならば、当時、僕が味わったような惨め感は無いのかもしれません。敗北感は無いのかもしれません。いえ、もしかしたら、同じ結果になったかもしれません…
    それは、分りません。

    でも、これを読まれて、MPAを批判していると思って欲しくは無いのです。
    咬合学会の会誌を読む限り、やはり素晴らしいぐらい結果を出されている先生方もたくさんいらっしゃいます、たまたま、僕がそのように感じていたと理解していただければ幸いかと思います。

    これを読まれたあなたが、考える何かになればそれはそれでよいというのが、私の考え方ですので…

    でもですね、一番大事なことは、医療にこだわる事と、当時、やはり、思う事に改めてしたのです。それが、本分ですし、本質論かなって思ったもので。

    自分なりに考えました。
    何が分かっていないのか、何を分っているのか、何を迷っているのか、整理をしてみよう。
    文献あさりの開始です。

    古い論文を引っ張り出して、調べる事から始めました。もしかしたら、解釈としては少し古い解釈を、気付かずに書いてしまっている事が、あるかもしれません。論文の世界では無いので、そこのところは、笑って許していただけると嬉しく思います。性格が性格だけに、訂正もせずに、新しい解釈を書いているときがあるかもしれません。それも、笑って流していただけると嬉しく思います。

    さて、続けます。

    調べる作業を横に置きながら、疑問符に置いたのは、このMPAに限界がある。
    あるいは、適応例があり、うまくいかない人は、その適応例に入っていない可能性。

    それが、一つ。
    もう一つの可能性は、僕の実力が、そこに行き着いていない。

    後者なら、調べて、まだ足りなければ、また、調べて補うしか無いだろう。
    もし、前者だとしたら、(当時のMPAの場合ですので、勘違いなされないでくださいね)どうするか?

    ま、苦労話はこれぐらいにして。
    それが、ポジショナーという装置との出会いのきっかけでした。

    こういった装置を入れると、歯が沈むと批判される先生方もたくさんいらっしゃいます。
    そういう意見もあると、流されても良いかと思いますし、そうなのか、一度、調べるか、なんて発想をされてもいいのかもしれません。O-リングを積極的に採用されている先生方には、歯が沈むという意見を言われる方は多いようですよ。立派な理由があるかと思いますので、興味があれば、是非調べられてください。

    そういうホームページコンセプトですので、どうぞ、サーフィンをされてみても面白いかもしれません。

    でもですね、この装置は、うちでは5分から15分断続的にというのが、基本内容です。
    それで、十分に結果が今のところ出るもので…
    それと、沈んだという症例にも今のところ出くわしてはいません。

    それについては、またそのうちに書いてみたいと思いますが…

    ま、今はポジショナーという装置を使っていますという話でした。

    最後に、魔法の装置ではないので、先に記しますが、この装置にも限界はありますよ。でも、その理由も掴んでおります。調べたおかげかな?

    そして、実際、当時の装置よりは、適応例が多いのは事実です。

    *何度も書きますが、何かを批判しようとして書いているわけではありませんので、悪意を持った理解等は、何卒、お控えいただけると嬉しいです。本当に恐縮です。

    カテゴリ
    治療症例

    MORE

ブログ・記事一覧