東京都府中市 京王線府中駅前【顎関節症に詳しい医院】

10:00~18:30(土曜17:30まで)
日曜・木曜・祝祭日 休診

ご予約
ご相談
042-352-1551

じっくりと事を進め、
急がず、確実に。

ニュース

顎関節症に詳しい歯科医院

このサイトでは、顎関節症、噛み合わせなどの問題について、当院の考えや取り組みを紹介しています。

このホームページは、事、咬合(噛み合わせ)という世界を、とことん掘り下げて紹介していこうという、そんなエネルギーで、書いております。

別に、全ての項目を読まれる必要は無いかと思います。
知りたい、あるいは、面白そうじゃない、そんな興味をもたれた方には、頑張って、是非読破されてください。

どの章も、一話完結になるよう、工夫しております。

ですので、決して、全部読まれようとはされないでください。
それよりかは、ご自身が、興味あるいは、必要性を感じられた部分を読んでいただければ、良いと思うのです。
そして、知りたい分野だけ、読まれて欲しいと思うのです。

また、私自身、成長するホームページでありたいと思う想いがありますので、定期的にをしている側面もあります。

そして、書いている私自身が、ある種楽しんでいる側面すらあります。
そう簡単には読破されるものかと…だから、決して、全部を読まれる必要性は感じておりません。

楽しみたい方がいれば、是非読破されてください。

特集

新シリーズ

『歯科と医科の盲点』
最終更新 2018.04.13
私自身、長年結果論ですが咬合と全身の関わり合いを研究する(ような)状況に陥ってしまいました。いえ、正確に言うと必要に迫られました。

このシリーズを読む

  • NEW

    最終更新 2014/12/04
    顎関節症と噛み合わせの関係性(その3)

    もし、あなたが、顎関節症になって、顎も痛いが、***と言う自覚を持ったとされても、臨床所見を、保険解釈上では、(少なくとも現行では)残念ですが、該当する科が違う事になる気がします。

    前のページ参照。

    この訴えを一つの病態と捉えられるか?そして、時に他科との連携も考えながら行うのか、ここに大きなポイントが生じる気がします。
    あるいは、一つの病態と捉え、何かが始まる場合もあるかもしれません。

    Aと、Bを一つに捉える事も難しいさなか、どうしてCという所まで、絡めて考える事が出来るでしょうか?

    全く関係性がこの表記の仕方、図示の仕方では、関係性はない事になってしまいます。

    どうも、私自身、現場の混乱は、図示をすると、こんな風になってしまう所から、患者と(もしかしたら、興味があるだけのあなた自身の)歯医者の、すれ違いが生まれるのでは無いかと、考えるようになっております。私自身、何度もこんな図を書いて、苦笑いと、ため息の連続でした。

    この図示した捉え方で、現場サイドが捉える限り、必ず、答えは一つになると思います。

    噛み合わせと、顎関節症に関係性はない。
    あるいは、
    噛み合わせと、顎関節症は、関係性が強くあるとは言い難い。

    こんな表現に、集約されていくような気がします。

    付随症候群を、首まで認める場合(この頃の研究成果では、その関係性を示唆するところまで来ている)、首が、その秘密だというセンセーショナルな見解も出てくるのかもしれません。

    その一方で、例えば、繊維筋痛症と言うくくりの中では、この付随症候群は,飲み込まれて、病態としては存在し得る事も出来ます。

    果てはて、困り切りませんか?
    こんな、文章が目の前にあれば。
    なら、悩んでいる、苦しんでいる患者は、どうすればいいの?

    一つ、ここで確認をしておいてください。
    これは、あくまでも、個人のHPでしかないです。
    目的は、知識なり何かを、持って帰ってくださいというスタンスです。
    また、縁があり、興味があれば、どうぞ、訪ねてくださいというスタンスでしかないです。

    だから、あくまでも、知識と言う世界で捉えて欲しいのです。
    もしかしたら、ヒントになる何かを書いてあるかもしれません。

     話を戻します。この図示で、また、別の疑問も、私には出てきました。
    顎関節症の場合、スプリント(総称ですので、器具名は、ここに違うかもしれません)を、入れるというのが、一つの開放と歯医者の共有している方法です。(その治療法に精通しているか、あるいは、採用されているかと言う議論ではありません)

    但し、このスプリントは、必ず、この装置を介して、噛み合っているという事実があります。

    では、何故、この噛みあっているという事実は、取り残されるのでしょうか?

    ここが、大きな当時の疑問でした。

    今回は、ここまでとします。
    結構、長い世界を読んでいただき、ありがとうございます。
    飛ばし読みのあなたにも、最後までお付き合いしていただけたあなたにも、感謝します。
    そして、やはり、同じ事を入れます。気分で、またお付き合いください。

    前のページへ 次のページへ

    カテゴリ
    治療症例

    MORE

  • NEW

    最終更新 2014/12/04
    末永く、咀嚼効率が落ちない環境の提供をしたい ~歯科診療における保険診療について

    さて、本題に戻します。
    まあ、構造的な限界もある、しかし、歯医者としては、末永く使える咬合様式を渡したい。
     この場合、末永く、咀嚼効率が落ちない環境の提供をしたいと、歯科医の僕は考えました。
    ブリッジで行こうと判断(インプラントを患者は考えていなかったのですね)した際、人工的にいじる行為において、 歯牙自身の神経系は触らずに行こう。痛みと言う反応、及び、削った事に歯牙が耐えられない場合、神経を抜こうという一つの了解は頂きました。
    歯周補綴の考え方に基づけば、削り込みは、ある程度の深さを要求されます。
    私らが大学時代に習った削り方とは、まるっきり違います。
    それがいけないとか、正しくないとか、誤りと言う議論を持ちだそうと言う訳ではありません。
    大学で習った方法があるからこそ、更に安全性にこだわって、歯周補綴の考えを導入する事にしたわけです。
    咬合まで配慮する補綴物は、実際の所、この歯周補綴の考え方を継承しながら、さらにアレンジがいるものだと、私どもは、考えております。
    たかが、削るですが、咬合の配慮まで出来る(私は数少ないと思っています)技工士が自由にその高みまで演出できるデザインまで、形成する歯医者も考えるべきとも思っています。もしかしたら、患者になる可能性のあるあなた自身も、そんなこだわりをお持ちで、かつ、実際、その削る技術をお持ちの先生と出会えるのならば、大変幸せだと思います。

    実際の所、このこだわりを保険診療にまで、反映させようとすると、採算割れを起こす場合もあるので、必ずしも、その先生が具現化されているとは限らない気もします。えっ、うちですか?(人により歯周補綴を、行ったり行わなかったりと言う)使い分けする能力はないので、やはりこだわっているという言い方で、よろしいでしょうか?

    根の治療は、行わずにすむのならば、なるべくしないように、選択をしております。

    この咬合治療で、感じる事に、味方は、なるべく多い方が良いという、うまくは言えないのですが、そのように感覚的経験が教えてくれました。ですので、なるべく天然の状況にこだわるようにしております。
    便宜的に削って被せる必要が、ある場合、神経は味方につけておきたい。
    歯の位置を変える事で、解決が図れるのならば、そのようにしたい。

    なるべく侵襲の機会を減らしたい。(詳しくは、またの機会に)

    保険で、出来る技術に関しては、保険病名である限り、保険医として申請している以上、当然ながら、何とか、保険対応で答えようとしております。でも、病名自体が、保険病名をつけられないもの自体は、(病名は、時代とともに新たに増えていても、保険では認められていない事より、結果、存在していないのが、この歯科における現状の制度です)保険では扱う事は出来ません。そのように、今の所考えております。

    歯科診療における保険診療について

    保険診療の場合、歯科の場合、治療行為が、簡単に受けられる事が、国民として、大きな特権なのかも知れません。そして、大事な制度だとも思います。
    ただ、実際は、世界先進国と比較した場合、低負担、高医療と言う事を、求められている方が実際の所、はるかに多いように現場にいると感じる事があります。

    事実、この国のWHOにおける世界比較では、今の所、トップ水準の平均点をこの国の制度は、提供をしてくれました。
    でも見方を変えると、いくつかの事象を次元を変えて、考えて行く事が、必要なのかもしれません。

    例えば、国民皆保険を維持していることで、コンビニエンスに、医療を享受できる事。この条件下を具現化させているのは、もしかしたら、この国だけなのかもしれません。歯医者は過剰なうえ、結果、安価に帝国ホテル並みのサービスを要求する事が出来る。患者にとりバラ色です。

    これは、一つの見方として、理想的な状況と考えられるのかもしれません。このコンビニエンスは、いつでも、安価に(患者であるあなたの体験ではなく、実際、OECDの平均の1/10の治療を受けられる制度です)気軽に解決をはかれるはずです。

    しかし、もう一つの現実もあります。

    今、歯科の経営コンサルタント業務は、非常に活発です。
    経営改善と言うよりは、生き残りをかけて、医院ごとの個性を表に出す事を一つの特異的課題とでも言うべきコンサルティングになって来てもいます。

    一言で言えば、脱保険。

    皆保険的見方をすれば、ゆゆしき事態かもしれません。

    でも、高水準の治療は、保険では行わない。行えない。そんな感じなのかもしれません。
    こういう事で、悩むとはつゆ、想像だにしておりませんでしたが、私どもも、いつまで、突っ張れる事やらと、溜息まじりに思う時すらあります。
    さて、この趨勢は、本当に21世紀に考えられている理想の診療形態、技術体系の自費治療と、保険の延長上にある、高級な材料を使った高級な保険としか言えない現象、逆に、スタンダードに手順を踏むことで、保険の治療の方が、治療成績が優位という、色々な混乱を招くのかもしれません。分けが分からなくなるのかもしれません。見方を変えると、バラ色どころか、まさに玉石混在状態になるのかもしれません。

    日本人の得意とする高い水準の均質化が出来なくなる時代に、果たしていつまで、WHOにおいて、高い評価を維持出来るのでしょうか?そんな事を、思う時もあります。

    また、見方を変えて、予防と言う行為にも、治療基準が置かれ始めた時、果たしてどんな評価がまた下るのだろうと、思う時もあります。

    ま、その中で、私達も、あなたも生きて行くわけですから、きっと、収まる所に収まって言うのだろうなと思うようにしております。

    それだけ、健康に対する意識の向上には、もしかしたら、半世紀前の制度はその役割を変える事が出来なければ、過去の遺物になって行くのかもしれません。



    この方で、また、いくつか考えました。
    歯の顔と称すが、この集合体が、アーチになり、ま、専門用語では、咬合面間という表現になるのですね。
    この上の咬合面間、下の咬合面間、これが、当たり合う関係って、実は、誰も見ていないのですよね。

    横から見ても、実際、どのように当たっているか誰も知らないわけですよね。
    使っている本人も知らなければ、治している歯科医も、歯医者も、技工士も知らない。

    模型上で予測は立てられても、実際、誰も知らない。

    アホみたいな、発言でした。

    前のページへ 次のページへ

    カテゴリ
    治療症例

    MORE

ブログ・記事一覧