東京都府中市 京王線府中駅前【顎関節症に詳しい医院】

10:00~18:30(土曜17:30まで)
日曜・木曜・祝祭日 休診

ご予約
ご相談
042-352-1551

こすが歯科医院 ブログ

ブログ

病態関連図~導入編~

関連図の捉え方を理解いただく前に
このシリーズを読まれる前の、簡単なご挨拶

一つ関連図というものを紹介しながら、咬合の世界の理解を深めていただきたいと考えます。
どういう症状が治ったとか、細かい経過、そういう捉え方は多分いらないと思います。だって、この患者の抱えていた疾患が、これを読むあなたとは、直接的に関係は無いと思うからです。
決して、他意があるわけではないのです。
むしろ、ヘ~、そうだったんだ!
なるほどね、だから、歯と体の関係をこの頃、テレビや、書籍で目に

あくまでも参考になればいいかなって、思うのです。

この文章を読んでいただいている方々には色々な方々がいると思うのです。

私どもの治療に興味を持っているあなたかもしれません。

私どもの治療で良くなり、たまたま、懐かしさで覗いていただいているあなたなのかもしれません。

満足のいく結果を私が渡せず、コンチクショウと思っているあなたなのかもしれません。でも、あれから、研究して、研磨して、結果を出しています。あの頃以上に、確実にネ。

同じように咬合とは何だろうと、同業でとにかく何らかの情報の糧を持とうとされている先生なのかもしれません。
今自身が診られている患者の何がしかのヒントになればと、思っているあなたなのかもしれません。

あなた自身が罹患されて、何とかならないだろうかとお考えになられて、探し出されたホームページの一つなのかもしれません。

あなたが、たくさん色々な所にドクターズショッピングにいかれてどうにもならないと、あきらめきれず、どこかに自分にとって大事な本当の医院が、ドクターがいるはずと探されて、偶然にも見つけられたホームページなのかもしれません。
感謝します。

たいした人間で無い私の、他愛も無い表現にお付き合いいただいて。
読んでいただき本当にありがとうございます。
果たして、どこまで、この文章が、期待に答えられるかです。
そして、期待に答える文章は私には書けない気がします。

さて、これは、私の考えです。

私も一経営者の端くれですので、やはり、常に経営のことを考えてはいます。
でも、医療機関って多分、ここにあるよ。こんな感じの所があるよ、って其処を表現するのが素敵なのかなって思っています。(色々な考え方があります。だから、私がそうであるだけで、他所をどうのこうのと、申すものではありません。そこは何卒ご理解されてください。私の性格でしょうね。多分ね。)

このホームページは、そうですね。

多分、
“BE HERE NOW.”
この言葉に、大きなこだわりを持って書いている気がします。

そして、このテーマである以上、やはり気が向いたときに、気が向いた事をただ、書いているのかなって思うのです。

書かれている事、具現化させたこと、別にこんな他愛も無いホームページです。
見方を変えればどうでもいいではないですか?

何かの参考になればそれはそれで良いと私どもは思うのです。

この項でも、極力歯の写真は載せないで行こうと思っております。
どんな仕上がりかは、もう一つのホームページを見ていただけばと思います。
技工士を変えているわけでもないので、そして、カタログのようなホームページを作ろうとも思っているわけでもないので、その方が多分、素敵なのかなって勝手に思っているわけで、勝手な判断ですが極力載せずにいます。あしからず。

オペした内蔵の写真を仮にどこかの病院が、一般向けに出していれば怖くありませんか?
気持ちいいものではないかと思います。
そんなことを極力意識して、なるべく避けたいというのが、もう一つの趣旨でもあります。

ところで、ぼちぼち、本題に戻っていこうかと考えます。

そして、私どもは、今は、別に特別な事として、何かをはりきって行っているわけでは無く、ただ、通法に従い(この通法は、調べ、探し、そして、考えて、今は、ただ、自然と決められた手順で、決められたように病態を把握して、その関係をどのように収めるか(収束させるか)それだけを考えて進めているだけですので特別な事はないです)ただ、その患者の病態の解決を図っているだけです。

詳しく覗かれたい方は、是非、次の章に足を進めてください。

一覧に戻る