東京都府中市 京王線府中駅前【顎関節症に詳しい医院】

10:00~18:30(土曜17:30まで)
日曜・木曜・祝祭日 休診

ご予約
ご相談
042-352-1551

こすが歯科医院 ブログ

ブログ

歯科心身医学の世界 始めに(その2) ~知るという動機を行動の源に

ふと干支が虎である事を思い出します。虎は、最強の獣の一つかもしれません。獣(けだもの、けもの)こんな風に読みます。この濁音が面白い事に、どうも畏敬とか、超越した存在に、この濁音を構成させているようです。果物(くだもの)とか、人間(にんげん)とかいう具合にね…

表意文字(漢字)、表音文字(かな、カタカナ)をうまい具合に織り交ぜて日本人は言語構造を作り出したようです。活躍されている経済学者?は、やたら滅法ガンバチャえ!がお好きで、それに対抗して、教授にまで登りつめられた精神科医の先生は、疲れるなら頑張らなくていいのよと、それぞれの主張を啓蒙されて頂いているみたいで、結構な事と思います。
でも、私は時々、“大きなお世話様!”と言ってみたくなります。私は、この得も言えない雰囲気が苦手なようです。どうも、空気をやたら作り出したいみたいで…

隣のお国は今年か、来年には日本のGDPを抜かすと騒がしいようですが、僕に言わせると12億人もいてまだ、メリケンさんも抜かせないの?頑張れよと言う方が正しい気がします。抜かされると一流では無くなるという空気が分かりません。

文字という媒体で、なお且つ、他者の目にさらされる事を前提とした表現は、きっと、そういった空気を作る事が目的とされるのではなく、「模索したい、何かを変えたい、知りたい。」っと、そんな意思を持った市民や個人が、自身の考え方をまとめる際に、利用されるとか、ご自身の感性を豊かにされるべく、教養を得る為に、知識を会得する為に、あるいは心の平穏を得るべく、存在するのではないかと思うのです。全てにこの表現があてはまるとは思っておりませんが…

一方、情報という区切りは、お伝えしたい世界観があったとしても、実際、伝える試みをする側が、どんなに頑張っても、努力してもその一部しか表現できない所にある事ではないかと、この頃、思うようになっています。その限界性を見極めた上で、読み手に対してどれだけ時に自由に、時に想像力や感性を働かせる事が出来るか、そんな側面も大事ではないかと思うのです。また、同時に、どれだけ正しく伝える努力をしていくか、これも忘れてはいけません。本当に情報を扱うという行為は、難しい存在と、私は思うようになっています。

ところで、私達人間も、実は獣でしかありません。とは言え、自然の摂理に従う捕食の世界に身を投じる必要性は無いと思います。文明と文化がその世界から解放してくれた訳ですから、ね。
唯、獣である以上は、生きる事に忠実でなければならないと思います。

だからと言うのも妙なお話ですが、きっと、私どもHPを覗かれている方々の中には、何とかしたい一体なぜ、こうなっているのと、まずは、知るという動機を行動の源にされている方々もいらっしゃる事かと思います。

実際、どこまでその期待に添えられるのか、私は分かりません。でも、一生懸命、表現の努力したく思っております。歯科医を専門とし、歯医者を生業にしている身故、文章を生業にされている表現の方々と比較し、到底適うものではありません。勝手気ままに書いているに過ぎませんので、全てを鵜呑みにされるという愚かな行為は控えて頂ければと思います。そこまで強いメッセージは、ここには込めておりません。

でも、ご自身が知られたいという世界観に対して、少しでもお役に立てばこれほど嬉しく思う事はありません。

獣としての生きる事に忠実な人間へ、どこまで正しくお伝えできるか、どこまで、何かの手助けが出来るかなどは分かりません。でも、こんな風変わりなヒトがいて良いと思うのです。受け入れて頂ければ幸いです。

健康は素晴らしい豊かさです。豊かさを作る源と言っても過言は無いと思います。

必ずどこかにあなたが求められる先生が、医療者がいるはずです。あなたと共に、一緒に病態と戦う勇気を示す先生がおられるはずです。

そして、感染症である限り何も申すものではありませんが、もし、あなたがどうも口腔の不具合が身体まで波及していると直感的に思うのであれば、一端入れ歯と言う選択肢を取る勇気、納得できない限り、色々な選択肢(セカンドオピニオンを含め、但し、病態偏差値が低くない事も相手に要求されます)の中でも、後戻りが利かない治療は積極的に選択されない事を、紹介したく思います。

それぐらい、口腔の不具合と身体の不具合が連関した場合、歯科治療を受ければ受ける程、改善よりも悪化する確率が高まる場合があります。

前のページへ 次のページへ

一覧に戻る