東京都府中市 京王線府中駅前【顎関節症に詳しい医院】

10:00~18:30(土曜17:30まで)
日曜・木曜・祝祭日 休診

ご予約
ご相談
042-352-1551

こすが歯科医院 ブログ

ブログ

歯科心身医学の世界 始めに(その5) ~健康は豊かさの源

それぞれの人が自分らしく、自分の出来る事を“らしく”こだわる時、きっと、素敵な自分と出会えるのかなって思うのです。

その“らしく”というこだわる空気を一人一人が作り、それが市民レベルに発展した時、社会はさらなる発展を迎えるのかなって当たり前のように思うのです。只、やりたい事と出来る事には相当に距離がある気もしています。そんな話は気が向いた時にでも…

それぞれの人が、“らしく”を大事にする時、当たり前に各々が自分の言葉を用意し、自分を語り、始めて閉塞感と言う空気を打破していくのではないかと思うのです。不安で食べて行こうとする方々の、空気という感覚的不安を利用した小利口なハウトウ—に踊らさせながら、生活の糧に協力する行為からは、是非とも、卒業したく思うものです。

その“らしく”を、当たり前のように、社会が取り戻せた時に、命と言う言葉までをも忘れさせる空気は消え、獣として生きるという当たり前の強さを取り戻す気がするのです。格好は後回しでも、ある人は夢に向かい、ある人は現実の壁に立ち向かえるのかなって、思うのです。

分かりません、個人のおめでたい想像かもしれません。

森羅万象に渡って愛があるという表現を用いましたが、社会との関わりを捨てるものかという人間(にんげん)だけが持てる言葉を伴う強い意志が必ず、何かを紡いでいくものと、僕は思います。そして、また社会に還元され、まわり巡って自分に帰ってくる、そんな事を、ふと、思ってしまいました。

子供向けアニメかもしれませんが、カールじいさんの空飛ぶ家を見た際、結構、色々と考える事が出来、不思議な感覚に襲われました。色々と考えあぐねていた事に対するきっかけが、この映画だったのでしょうが、実際は。

向き合うことの素晴らしさなどを思い出させてくれた私にとり一時の清涼剤でもあったようです。

歯科心身医学という括りとはいえ、心身医学の世界を知るにつれ、内戦状態のような3万人の自殺者の存在を触れない訳にもいかないと思う事もありました。でも、この分析や、知り得る世界ではとてもではないです範疇では無い事から、結構、パニックになっていました。

何を書けばよいのだろうと。そんなギリギリの人が読んだ際、あっしは何が表現できるだろうと。でも、何故か、賛歌みたいな文章は書いてみたいと思いました。理由は分かりません。私が1日を通して診られる人数なんて決まっております。治療契約、治療同盟が存在した方々にしか、愛は発揮できません。そんなもんです。専門家であるからこそ、限りがあると思います。でも、このHPは、何かの参考にして欲しいという動機で、作っているものです。今回のテーマが、私にとり、ディープな分、結構悩む物でした。

その表現が、難解と思われた分、私の中の意識は、どうも時代が醸し出す閉塞感という空気病に汚染され始めたようです。参りました。

というのも、過半数を超す原因に、身体の問題という側面もあったように書かれていたように記憶していましたので…

健康は、それだけ大きい豊かさの源なのでしょう。

新聞やニュースだと、経済的側面か事件性でしか取り扱われていない分、どうしても人身**という想像や、貧困が全て、いじめがと、通り一辺倒の理解になってしまうようです。

この世界は、私が専門とする領域では無いので、その道の方々に、政治の方々にその指針はお任せしたく思います。只、セーフティーという安全網を1日も早く整備して欲しく思います。政争という駆け引きよりも、政策にその全ての情熱を傾けて欲しく思います。ママのお金と言う感覚の是非よりも、優先度が高いと私は思っています。新しい産業構成でも良いと思います。事業を冒険出来安い環境かも知れません。そして、もう一つ、どうすれば良いなどは、そんなの専門家じゃないから分かりません。あしからず。

でも、イメージする事は、とにかく働いて俺は金持ちになりたいんじゃ~と、この事業成功させるんじゃいと、青臭い言葉を吐きながら、酒臭い人々が、夜な夜な街に繰り出している絵の方が、ずーっと、健全のような気がします。

豊かになってこそ、文明や文化を紡いだ意義だと思います。私の“らしさ”は健康と言う豊かさの少しであれ、協力やお手伝いを出来る場面に立ち会わせていただける事なのかなって思っています。

そして、同時に、この精神という疾患世界を扱う方々のご苦労は、並大抵な物ではないと思うのです。

だから、この業界も、歯科心身医学の世界と言え、安易な気持ちで、心身医学の現象的側面だけから、鬱が治るとか、不眠症が治るというような、キャッチフレーズを言う意味を見なおす時期に来ているのではないかと、あっしは、思うようになっております。

難しい問題ですね。

前のページへ 医院案内へ

一覧に戻る