東京都府中市 京王線府中駅前【顎関節症に詳しい医院】

10:00~18:30(土曜17:30まで)
日曜・木曜・祝祭日 休診

ご予約
ご相談
042-352-1551

こすが歯科医院 ブログ

ブログ

今度は、本音を隠して惰性の悲哀を連れて来るのでしょうか?

1)また、夜は早く終える経済に戻すらしい。

東京の感染者数が、そして全国的に感染者数が増えているそうです。で、発症者に関しては、何故かはっきりとしない。
で、とうとう、うちの知事は、夜の営業時間の短縮を指示し、このまま続くと、また自粛要請をしないと行けないと言われる。

何故、自粛なのか?
①元々、先の自粛は医療インフラがひっ迫する。トリアージを防ぐことを目的としていた。
②これが、いまいち分からない。→ここで、報道しない自由を発揮するとは、メディアの方も流石にいつも通りとあきれるしかない。
③ホテルとの契約は、何時しかどんどん契約を解除して、ホテル待機は出来ないようされている。
④官房長官が、そこは国が金を出しても良い(貸しても良い。)これは、東京問題と称すと、反発で返し
GO TOキャンペーンがおかしいと、知事が反発される。

何か、ちぐはぐだと思えてなりません。

メディアの方におかれましては、嬉々とした悲壮感と共に、日本は終わった。というメッセージを送らないと行けないのでしょう。

コロナ制圧タスクフォースという流れもあるようです。

こういった事は、嬉々とした悲壮感の前では、報道することは出来ないのでしょうか?

とはいえ、実際、悲壮感を前に報道する姿勢のせいか、テレビの広告収入が減っているとも聞きます。
そりゃあそうだろうなって、思います。寂しいですが。

科学とか事実を前にではなく、悲壮感という衝撃が、大事なのでしょう。
でも、その分、見事に跳ね返っているように感じます。

2)悲壮感の前は、(アッシの曇った眼からみると)正義の報道を頑張られていました。
モリカケで頑張り、野党が追随し(除く維新)
桜で頑張り、野党が追随し(除く維新)

野党は時々、国会開会中、夏休みと春休み、中休みと連休を取る。

今度は、野党が臨時国会を開会しようと、働きかけているらしい。
自粛はダメだと言い切っておられたと思いましたが、今度は自粛しないとだめだと、張り切られている。

情報ですから、どこまでが正解で、どこが捏造・偽造(この表現は不適切らしいです、角度を付けているが適切らしい)か、境界線の見極めは、
正直、メディアを見る限り、アホな自分の能力では分かりかねます。

でも、そんな中、うちの知事の着想というか、発想は、どうにも違和感を覚えてしまいます。

何か(日本がダメになるという点だけに立脚された)意図が、準備されているように思えてなりません。
でも、きっと、後2~3週すれば、もう少し、この流行り病について見えてくる気がします。

そうあるだろうと信じています。
それが科学という存在だと思っています。

この時、嬉々とした悲壮感の彼らはどうなるのでしょう。

知らぬ顔で、別の事を言い切るようで、嫌だなって勝手に思っています。

本当に全体で休むべきなのか、一部の地域に限って休業させるべきか。
あるいは、業務形態を一部変えれば、出来る可能性は無いのか。

こんな議論があった、そして、このような展開になった。
こういった報道は、相当に受けがたい姿勢なのでしょうね。

すると、嬉々とした悲壮感を表に出す限り、一番は安パイな表現法なのでしょう。

一個忘れているのは、その瞬間、報道とは呼べない事実だと思いますが。

3)見方
結局は見方というか、立ち位置次第で、実は景色も変わるのでしょう。
ですが、それには、どういった意識でこの国で生きようとしているのか、されているのか。
そんな所に大事な部分が隠されているのでは、そんな事を思います。

では、あっしにの中の意識は何なのでしょう?
いつものように、優柔の性格故、ウジウジ悩んでいる模様です。

精度に拘るべきか、諦めるか…

いずれにせよ、本当に自粛に戻すべきか、もっと、事実を知りたいものです。
おしまい








一覧に戻る