東京都府中市 京王線府中駅前【顎関節症に詳しい医院】

10:00~18:30(土曜17:30まで)
日曜・木曜・祝祭日 休診

ご予約
ご相談
042-352-1551

こすが歯科医院 ブログ

ブログ

そっか、歯列が整うと、噛みあせが整うとは、案外知られていない物なんだと認識しなおす今日この頃

1)唐突ながら
唐突に話を進めます。

スタッフに質問をされます。
先生、歯並びが整うと、かみ合わせが良いと捉えていいのでしょうか?

う~む。(なんて答えよう)

確立は高いだけで、必ずしもそうとは言えないよな。と思いつつ、”よし、考えてみよう!”と、ととぼけた今日この頃です。

次の、質問が渡されます。先生、かみ合わせが良くなるとして、何が変わるのですか?

さて、なんて答えよう。答えに窮します。

面倒ちいので、模型を渡して逃げるアッシです。(コンパスを渡してみると、色々と図っていたみたいです)

歯列が何か変わっている、そんな所感を持ったようです。ま、個人の所感ですので、そう言った事もあるという事で。
勘違いもあるでしょうし、思い込みもあるでしょうし。ま、そんな変化が容易く起こったら大変です。同時に、容易く起こり得るのか、
そう簡単に起きうるものではないのか?

ま、あまり臨床のリアルは触れないよう留めるアホな努力をするアッシですから、よう知りませんと、答えるのが、通と言った所にしたいものです。

でもね、この検証、実は誰かがされているようには、アホなアッシには、今の所、理解できないような側面もあります。
さて、どうなのでしょうね。                                             

2)勘違いもあるでしょし

ま、スタッフの勘違いか、アッシの目の錯覚か、どうにも変わっていると違うかという模型は結構、クリニックに残していましたが、この頃は、自己満足も如何と、捨てるようにしています。実際は、収納スペースの限界が答えなのですが。

検証されていないと言うの、は実際は、上記のどちらを言っても、適当なのでしょうが、通識が変わらないなので、アッシもそういう事にしておきたく
思います。

あ、これ、矯正を伴なわない治療で起きるか?という話でした。行けませんね。文章力が無くて。
混乱させてしまったら、恐縮します。 
                                             

でも、思う訳です。
これが、デジタルで解析が出来る時、この議論は終止符が打てるのかもしれないと。
計測の精密度を上げるという作業に、実際は躊躇している側面もありました。

あ、腕が上がらない患者の模型を、今日採得するの、忘れた。(腕が上がるようになるのですが、ま、これは、何れ紹介するかもしれません)
あ、これも、気のせいかもしれません。
アッシが、勝手にそう思い込んでいるのかもしれません。

3)景色が変わる条件があるとすれば

でも、何かが具体的に変化した結果と、導けたとします。この瞬間、話が変わるのかもしれません。

ま、あたかも暗号のように、リアルを避けるアッシでした。

でも、精度を上げる方法を模索し、やはり、分析時間が相当に削減するようだ。これが、やっと実感になります。
いつもであれば、体力に合わせ、分析するしかないのが、確かに4時間程度で3.2人分析が出来たようです。

きつい作業である事には変わりませんが、潜る時間が減る。
*分析している作業中は、嫌でも感情を向こうに置いて続けるしかありません。あっしは、潜ると言い聞かせて、納得するまで浮上(作業を止めない)
しない事をルールにしています。

この潜る時間が減れば、寝る時間が増えそうです。これは、これで悪くないかもしれない。

ま、分析から次の展開を予測と言うか、予習は、実の所、ある程度の幅の方は怖くないレベルに治まりつつあります。これは、自らの自負と言った所でしょう。問題は、C線維の活躍が予測できる環境であり、こいつをコントロールする展開に、中々行き着けないと、予想できる時なのでしょう。

4)きつい分析科目があるとすれば

専門用語を、少しだけ。
というのも、そこにジストニア、ジスキネジアが起こり得る可能性がとても大きいのが、正にC線維の活躍が予測でき、尚且つコントロールが異常に、現状難しい時なのだろうなって思っています。
この可能性が大きい方(患者)には、この2現症の可能性に触れないと行けない。

これは、臨床医にとって、相当に苦しい。

ふと、先生、私の事を触れています?と、問いかけられた事に対し、ちょっとだけ、本音というか、回答を。

この2現症と言うか、C線維の働きは、色々な現症病名を紹介してくれる。そのように、アッシは捉えています。               

そういえば、線維筋痛症の患者、通院距離の問題で、転院を求められ、紹介状を渡す。
今は、楽にさせたと(患者の言葉より)思っている物の、引き受け手の先生は診療情報を紹介だけは休み中に行えるように準備をします。

とにかく、C線維、ジスキネジア・ジストニアについて紹介を行います。
実際、書いては書き直し(これは、文才が無いせいです)、要点を整理しては、再度編集しなおし、実際、半日潰します。

仮に、C線維にせよ、ジストニアにせよ、ジスキネジアにせよ、ポピュラーな物であれば、半日も掛からなかっただろうなと思ってもいます。先方の歯科医に失礼が無いよう、でも、リスクに関し、適切に伝える。これが、文才が無いアッシにはきつい。

ま、そんな世界もあるという事で。

読み返すと、暗号だらけに感じるかもな…
仮に、読んで下さった方がおられるなら、本当に感謝します。

さて、帰って寝よう!

目標睡眠時間、5時間以上!
おしまい









      



一覧に戻る