東京都府中市 京王線府中駅前【顎関節症に詳しい医院】

10:00~18:30(土曜17:30まで)
日曜・木曜・祝祭日 休診

ご予約
ご相談
042-352-1551

こすが歯科医院 顎関節症と噛み合わせ

顎関節症と噛み合わせ

顎関節症と噛み合わせ

歯科において噛み合わせは重要です。現代歯科矯正学の父であるE.H.Angleは「Dentistry is Occlusion」という言葉を残しました。そこで今回は顎関節症にも影響する噛み合わせのお話を少しをお話ししていきます。

顎関節症とは?

噛み合わせは歯学の基礎

E.H.Angleは矯正歯科において父と言われるほどです。Angleは矯正歯科学に大きな力を発揮していて噛み合わせにAngle分類という分類を作り上げ現代でも利用されています。Angle分類は小児期の噛み合わせ分類だけでなく、成人になってからの噛み合わせを予測することもできます。
そんなAngleが作り上げた歯科学の基礎も今までは紆余曲折な歴史を歩んできました。歯科が振り回されてきた時代があったのです。

顎関節症の治療方法

噛み合わせと身体の関係

現代でも噛み合わせと身体の不調については関係性があるのではないかと研究が進められています。日本では1980年代より研究が進んでいます。しかし、今日までその関係性について解明されていません。
私的な見解になりますが21世紀中に顎関節症に対する治療は保険診療の適用から除外されるのではないかと思っています。その理由として根本的に解決できない治療に対して保険を使い続けることを厚生労働省が良しとしないだろうと思うからです。


顎関節症と全身の関係性は?

歯科の振り回された歴史

歯科医学が振り回された過去について紹介していきます。まずは中心感染説と病巣感染説です。中心感染説とは1932年歯科医師のGoodfriendが発表した説です。噛み合わせの不良から難聴・偏頭痛・悪心といった症状を発症するというものです。その後、Goodfriendの説を後押しするように1934年耳鼻科医Costenが『顎関節異常に由来する全身の諸症状』を発表します。しかし、Costenの説は解剖学者のSicherによって否定されました。
病巣感染説とは細菌感染された歯が原因で2次感染症を起こさせるというものです。
アメリカ歯科医学界ではブリッジやクラウンなどで被せ物をする治療が主流になっており、これが病巣感染説を助長させると一時問題になっていました。現在の歯科医療ではブリッジ・クラウンともに主流の治療法なのでこれも過去の誤った解釈によるものです。

顎関節症と全身の関係性は?

まとめ

顎関節症と噛み合わせの関係性については昔から議論されていることで、研究が進んできています。しかし、今日までにその事実は何一つとしてわかっていません。
歯科医療が始まって100年以上が経ち一番大切なことにまだたどり着けていないのです。
そこでこんな言葉を歯科医療者全員に送りたいと思います。
「“Occlusion.is Conclusion.”咬合に関わる時、それは混乱の始まりを意味する。」


顎関節症と全身の関係性は?