東京都府中市 京王線府中駅前【顎関節症に詳しい医院】

10:00~18:30(土曜17:30まで)
日曜・木曜・祝祭日 休診

ご予約
ご相談
042-352-1551

こすが歯科医院 検査

検査

検査とは?

私は検査という言葉の意味を「ある基準をもとに、異常の有無・適不適などを調べる」ためにあると思っています。検査にどのような意味があり、どのような目的があるのかを書いていきます。

こすが歯科医院 検査とは

検査をするには目的があります。例えば皆さんが発熱を主訴に病院へ行くとします。その時、なぜ発熱が起きているのかを調べるのは「検査」ですよね。
細菌感染が原因で発熱が起きている場合は細菌に効果を示す抗生物質を投与します。ウィルス感染が原因ならば抗ウィルス薬を投与します。癌など根本的に何か体内にできていいたら癌に対する治療を行います。

こすが歯科医院 検査とは

これら治療法を判断するのに用いられるのが検査です。
検査をするには3つの目的があると考えられます。

  1. 病巣の把握

    病巣がどこに存在するのかを把握しなければ治療ができません。病巣を把握する意味でも検査を適切に行い病巣把握に役立たせましょう。

  2. 原因の把握

    前述のように細菌が原因かウィルスが原因か癌など大病が隠れているか検査をしなければわかりません。原因を把握し、しっかりと治療へつなげていくようにします。

  3. 訴えられる言葉が持つ意味

    患者さんと術者では痛みに対する捉え方が異なります。不定愁訴など痛みのない部位に痛みを感じてしまう患者さんとは訴えてくる言葉を具現化させる意味で検査は有効です。

検査の分類

検査は2つに分類できます。基本検査と精密検査です。基本検査は誰にでも行う検査で、精密検査は必要と判断された場合のみ行います。
基本検査・精密検査で分けることで確実に核心をつかむ・安全に治療を進める・問題点の把握に役立てるなど目的があります。

こすが歯科医院 検査とは

基本検査

基本検査にはどのようなものがあるでしょうか。まず歯周検査、レントゲン検査があります。この2つは保険診療なしでできるもので、場合によっては模型を作製して患者さんの口腔内を精査していきます。模型作製は保険診療外なので自費診療になります。模型作製をするには型とりを行います。実はこの模型作製は医科でいう「血液検査」と同じくらいの情報量があると思っています。患者さんが不調を治してほしいと言いますが、そのためには模型作製を行い多くの情報を記録しておく必要があります。

こすが歯科医院 検査とは

精密検査

基本検査と異なり精密検査ではもう少し突っ込んだ検査をします。
歯周検査
保険診療で行う歯周検査とは異なります。歯の根っこが分かれている歯に有効です。

こすが歯科医院 検査とは

レントゲン診

保険診療のレントゲン撮影とは異なります。14枚法と呼ばれる方法で撮影を行います。14枚法は顎を分割して撮影したものを1枚のレントゲンのようにつなぎ合わせます。作製するのに時間はかかりますが患者さんの記録として必要不可欠なものです。

こすが歯科医院 検査とは

計測

正中(真正面)・矢状(身体を真っ二つ)・環状(上から見た時)の3つの方向から分析を行います。患者さんの負担がどこから来ているのかを判断するのに有効です。

こすが歯科医院 検査とは

模型を作製した実例

模型を作製して実際に患者さんにどのような影響が出たのかを紹介していきます。
患者さんの主訴として顎の痛みを治してほしいとのことでした。
模型を作製してみると構造的な位置に問題があることが判明しました。そこでスプリントというマウスピースのようなものを作製し位置異常を改善することで痛みも取れて1回で治療が終了しました。

こすが歯科医院 検査とは

まとめ

「ある基準をもとに、異常の有無・適不適などを調べる」だけでなく「模型」という記録が残っていると患者さんを「患者さんの中の正常」に戻すことができます。検査は歯科医療をする上で必要不可欠なものです。

こすが歯科医院 検査とは