東京都府中市 京王線府中駅前【顎関節症に詳しい医院】

10:00~18:30(土曜17:30まで)
日曜・木曜・祝祭日 休診

ご予約
ご相談
042-352-1551

こすが歯科医院 計測

計測

噛み合わせとは?

噛み合わせについてまだまだ知らないことが多いです。定義がなければ噛み合わせとはというゴールにたどり着くのも難しいです。しかし、噛み合わせとは何だろうと考えているのは歯科医師を始めとする歯科関係者だけなのです。
患者さんは異口同音にこんな言葉を投げかけてきます。「いいから、元に戻してください

こすが歯科医院 噛み合わせとは

噛み合わせとはと聞かれれば簡単なもので歯と歯がかみ合っていることを言います。そして多くの歯科医院で噛み合わせについて考えていて、患者さんの悩みを解決するために噛み合わせを大切にした診療をしていることでしょう。しかし、明確に定義がないものをどのようにして大切にしていけば良いのでしょうか。そんなことを考え始めると無限ループに陥ってしまいます。

こすが歯科医院 噛み合わせとは

計測への考え

噛み合わせに定義がなくどのようにして解決すれば良いのかわからなくなってしまっても患者さんは待ってくれません。患者さんは日々様々な悩みを抱えて歯科医院へやってきます。
その中で「元に戻してください」と声をかけられると自分の技術力だけではどうにもすることができないと実感します。そこで一度、患者さんへの視点を変えてみる方法を採用しました。
そこで活躍するのが検査で行った患者さんの模型を多角的に見ていくというものでした。模型から読み取れるデータを拾い出してみることにしたのです。

こすが歯科医院 計測への考え

誰でも歯の形というのは線と線が結ばれて面を形成しています。そして骨の上にある歯茎を通して、骨に植立されています。
もちろん患者さん一人一人で歯の角度異なっています。そこで患者さんが持つ「適性角度」に歯を戻してあげるというのが患者さんの言う「元に戻す」ことにつながるのではないかと考えました。
これが計測の考えにつながります。

こすが歯科医院 計測への考え

計測についての発表

私は全身咬合学会で噛み合わせの計測について発表をしました。
・歯牙を計測するもしないも歯科医の仕事の範疇に属す
・口腔内の機能の維持、回復にはその人固有の形態に可及的に 戻す事だと捉えています
・形態はあくまでも天然歯に従う事が必要でしょう

こすが歯科医院 計測についての発表

計測をしたゴールには患者さんの症状の改善や治癒があります。

結果的に治療できれば良いですが、患者さんが持つ「個人の適正」にしてあげることが一番の近道だと考えています。
平均化された学術的な適正と個人の適正には差があることを理解しておきましょう。

こすが歯科医院 検査とは

まとめ

患者さんの悩みを解決するために計測は必要不可欠です。計測は平均的な適正を求めるのではなく、個人の適正に戻してあげる際に使います。
患者さんの悩みを解決する近道になると捉えています。

こすが歯科医院 検査とは