東京都府中市 京王線府中駅前【顎関節症に詳しい医院】

10:00~18:30(土曜17:30まで)
日曜・木曜・祝祭日 休診

ご予約
ご相談
042-352-1551

こすが歯科医院 器質性障害と歯の関係

器質性障害と歯の関係

器質性障害とは?

器質障害と聞いても患者さんにはピンときません。医療関係者でもコ・メディカル職ではピンとこないことが多いです。器質障害の説明だけでなく歯との関係性について紹介していきます。

器質性障害とは?

器質性障害とは簡単に言ってしまうと「何らかの要因により歯牙に欠落・欠損が生じ、細菌が感染した状態」を伴う疾患です。歯でいえば虫歯、歯周組織でいえば歯肉炎や歯周炎を始めとする歯周病が器質性障害になります。
器質性障害には治療をするしかありません。欠損した状態・欠落した状態を放置しても細菌感染から回復しない限りは症状の改善が期待できないからです。
器質性障害に対する治療はどのようにして回復・再生させるかというのがポイントになります。

器質性障害とは?

器質性障害へのアプローチ

器質性障害にはどのように治療していくと良いでしょうか。
例えば虫歯に場合は歯が欠損しているので修復しなければいけません。もちろん虫歯治療では細菌感染している歯質を完全に除去しなければいけません。
タービンや手用切削器具を使用して罹患歯質を除去し、そこへコンポジットレジンを詰める方法が主流ですね。もちろんインレーやクラウンになる場合もあります。
歯が欠損している場合ならブリッジや入れ歯・インプラントが治療の選択肢に入ります。どうやって器質性障害を治療し補ってあげるのか。それが器質性障害の治療では原則になります。
ただし、歯科でよく使われる器質性障害は脳が関係する

器質性障害へのアプローチ

患者を例に出した器質障害の治療

ここである患者さんを例にあげて器質性障害のある患者さんへのアプローチ方法を紹介していきます。この患者さんは義歯を装着すると身体が安定していますが、義歯を外すと身体がグラグラと不安的になりました。
持病はパニック障害・睡眠障害を抱えています。仕事は無職ですが、日常的に睡眠剤と安定剤を服用していました。結果的に患者さんの判断で安定剤を飲む程度まで薬の服用は抑えることができました。
義歯のおかげで復職でき、現在では管理職にまで出世しました。電車にも乗れるようになり、日常生活を問題なく送れていると判断できます。

患者を例に出した器質障害の治療

この患者さんの口の中を計測・検査したところ治療が必要な状況と判断されました。口腔内治療で必要なのは器質性障害へ適切なアプローチを行うことです。
この患者さんの悩みは「口の中がおかしい気がする。どうおかしいか教えて欲しい」とのことでした。
この患者さんへの治療法としては矯正用の蝋を口の中に貼りました。線維筋痛症の一種を症状として発症していると判断しましたが、線維筋痛症を根本から治療はできません。
あくまで歯科医師として患者さんの口腔内にある原因や症状の起点となるポイントを探す必要があるのです。

患者を例に出した器質障害の治療

治療の鍵は反射

この患者さんへの治療でポイントになるのは「反射」です。医師でも患者さんの身体を触診しますよね。歯科医師も同じように触診を行い患者さんにとって悪い反射を起こしている部分を探していきます。
歯科治療というのは基本的に物理的な欠損に対して治療することが多いです。神経系や中枢関係の器質性障害には対義した関係性です。ただ、入れ歯やブリッジ・インプラントなど補綴治療を行えば機能障害を防止できます。
しかし、それだけでは器質性障害を予防できているかわかりません。器質性障害を誘発しないような治療をするのが大切だと考えています。

治療の鍵は反射

器質性障害を放置すると?

歯科と器質性障害は関係が深いです。
改めて歯科で多い器質性障害を説明すれば「欠損している状態」と「脳が器質的な障害を受けて起きる症状全般」を言います。
歯科で有名な器質性障害の症状としては咀嚼と嚥下です。
歯が欠損してしまえば咀嚼困難になります。特に臼歯部の噛み合わせが崩壊してしまうと一気に咀嚼困難を起こします。
咀嚼困難の状態で日常生活を送っていくと消化器官に負担を変えてしまい消化不良を招きやすいです。

器質性障害を放置すると?

脳が原因の器質障害が起きると嚥下困難が起こりやすいです。嚥下には運動神経が関係しています。脳が器質障害を受けると嚥下をする神経の働きが悪くなり嚥下困難だけでなく誤嚥を引き起こしやすくなります。
患者さんの口腔内に細菌が多い状態で誤嚥してしまうと「誤嚥性肺炎」を引き起こしやすいです。
肺炎は現在国内で死因第3位になっています。寝たきり患者さんや嚥下力の落ちている高齢者の患者さんにとって深刻な問題になっています。

線維筋痛症とは?

まとめ

器質障害には大きく分けて「歯が欠損している状態」と「脳が器質性障害を負ってしまっている状態」があります。
器質性障害の中でも欠損に対してはコンポジットレジンやブリッジ・インプラントで対処療法することができます。しかし、脳に対する器質障害を根本的に治療するのは難しいと考えられていました。実際には患者さんの口腔内にある反射を利用すれば効果的な治療ができると考えています。

まとめ