東京都府中市 京王線府中駅前【顎関節症に詳しい医院】

10:00~18:30(土曜17:30まで)
日曜・木曜・祝祭日 休診

ご予約
ご相談
042-352-1551

こすが歯科医院 計画

計画

検査

何が患者さんに悪さをしているのか、身体がこうなるとこうおかしくなるということがあらかじめわかっていれば患者さんも解決する糸口を発見できますね。器質性障害があるから口腔内に影響が出ているとすぐに思うのではなく、口腔内に器質性障害の症状が起きる原因がないかを調べていきます。
そこでもし、口腔内に器質性障害の原因があった場合は歯科医師の担当になると考えています。
しっかりと検査をした上で口腔内に原因があると判断されれば歯科医師として治療を行うべきですよね。

こすが歯科医院 検査

話は少し変わりますが噛み合わせと身体に何かしら関係があると言われていますが、明確に何が原因でどのような関係性があるかは判明していません。
その理由の一つも「口腔に原因はない」と思っているか「身体から口腔への影響はない」と固定概念で判断しているのではと思っています。
検査には基本検査と精密検査があります。基本検査は多くの患者さんに適用される一般的な検査です。精密検査はさらにワンランク上の検査を行い細かいところも検査していきます。
これら検査を行うことで患者さんが不調の原因を解明でき、身体の不調を予測できるのです。

こすが歯科医院 検査

予測して一緒に闘う

繊維筋痛症の患者さんの治療を例に話を進めていきます。この患者さんにも検査を行いました。もちろん患者さんの不調の原因を発見することも目的の一つでしたがそれ以上に「患者さんと一緒に闘う」というのが目的でした。
これは治療を円滑にしていくための計画の一つです。

こすが歯科医院 予測して一緒に闘う

冒頭でも述べました「患者さんの不調を予想でき原因が判明」できれば目的を患者さんと共有して一緒に疾患と闘うことができますね。
繊維筋痛症は原因不明で患者さんも治療という目標を見失いがちです。そこで疾患改善の光が少しでも見えると治療へのモチベーションが変わってきます。

こすが歯科医院 予測して一緒に闘う

まとめ

治療に対する計画は歯科医師を始めとする医療関係者だけのものではないです。患者さんも計画があると目的に向かって治療へ前向きになりやすいです。
患者さんと一緒に疾患を闘うために当院では計画を立てています。

こすが歯科医院 検査とは